Adobe XD Meeting #05 発表スライド フォローアップ

2017/05/19 (金) 19時から開催したAdobe XD Meetingで私が発表したセッションにはいくつかのサービスや、使いやすいUIキットのURLが含まれていたのでそちらを紹介するためのフォローアップ記事になります。

(後日動画が上がる予定なので、上がり次第コチラに追加予定です)

セッション2 会議中でも大丈夫。ワイヤーフレームを高速にXDらしく作る(テーマ:XDとワイヤーフレーム)

スライドごとのテキストが必要な方はSlideShareの同じ内容のページを見てください。※SlideShare特有の理由で一部表示乱れがおきています

Adobe XD対応のサンプルテキストファイルがダウンロードできるSample.txt for AdobeXD Repeat Grid

https://www.repeatgrid.com/

日本語でダミー個人情報をダウンロードできるサイト「なんちゃって個人情報」

セッション3 サードパーティ製UI Kitの紹介 (テーマ:UIKit)

Adobe XDで使える.xd形式で配布されているUI Kitのカタログサイト「Adobe XD UI kits and UI resources」

他にもAdobe XDに関するチュートリアルやさまざまな情報が集められています。こちらは英語のみ。

コチラの…多分フランス語のサイトは専門ではないですがXDのUIKitを扱っています。若干ラインナップが違うので時々覗くと良さそう。

特に紹介したUIKitは一つを除いて企業のデザインチームが作成したものです。

まずは個人の方が作っているらしいワイヤーフレーム回らしいUIKitから

Facebook Designが提供しているiOS 10のUIKit

こちらはユースケースが多彩なのと、端末モック写真が含まれているので当てはめるときなんかに便利。Appleが配布しているSketch/Photoshopむけと差がある(おそらく実装的に一手間かかる)ようなので、そのあたりはプログラマの方と話し合いながら利用してください。

Microsoft Designが、Fluent Design System の一部であるAcrylic Material対応のUWP UIKitを作っています。Fluent Design Systemのサイトではリンクがなかったので、Mediumの記事を紹介しました。

UIKitはAdobeXDでいかにグラフィカルな表現を実現するかという他の人の解を見ることができるのでぜひ一度はダウンロードしてみてください。

UIKitは付属のものも拡充予定だそうなのでとても楽しみです。


ほぼ毎月Adobe XD勉強会(仮)はユーザーグループのようなもので、毎月開催を目標にAdobe XDとUI/UXに関わる勉強会を開催やユーザー同士の交流を目的としています。興味のある方はこちらにご参加ください!

https://www.facebook.com/groups/xdstudy/

記事が気に入ったら❤もお願いします!