空間デザインからアクティビティデザインへ

なかなか施設をつくる視点の仕事をしている方は空間デザインはするものの、アクティビティデザインの視点が行き届いていないことが多い。

アクティビティデザインはその名の通り、人のアクティビティをデザインすること。ファーニチャーや空間のデザインだけではなく、そのレイアウトや配置、人の流れをデザインしていく必要がある。イベントなどのプログラムの設計やその時間帯、時期のデザインまで。

まさに、つくる側の視点だけではなく、使う側の視点を持ち合わせないと成しえない。

整備の検討段階からエリアマネジメントやパブリックスペース活用の検討ができるチャンスの時は、よくそんなことを考えている。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.