Photo by Mikkel Schmidt

何かを始めたいと思ったら、まず集めるべきは間違いなく「人」

個人的に3人必要だと思う。1人目はお金を出すor集めて来る人。2人目はどうやったらいいか考える人。3人目はそれを実行する人。

1人目は、とにかくお金を集めてくる。継続のためには必ずお金が必要になる。お金がなくてもアイディアや工夫すればいいという意見もある。が、お金があれば解決スピードと労力の削減に繋がるのは明白。

2人目は、その仕事の全体像を考える必要がある。営業から受注、生産から決済とその後のフォローまで考え切る。ほとんどの場合ミスが起こるのは、現場の人が悪いのではなくてシステムのせい。人を責めても、人間には変わりないからミスは起こる。仕事のシステムが悪いんじゃないかと考えるべき。

3人目は、確実に仕事をこなす。どんなにお金があっても、精緻に練られた戦略があっても実行できなければ何の意味もない。素早くやってみて良かった点、ダメな点をチームにフィードバック。あとはひたすらやり続ける体力と精神力があるかどうか。

完全に役割を分けることでそれぞれの仕事に集中できるし、判断に迷いがなくなる。

何かを始めたいと思ったら、この3人のうち自分は誰になるのか。今、誰に声をかけるべきなのか参考にして欲しい。