疑問に思うことが自分の原動力

熊本県くまモンの個人利用は事前許諾されていた』を書いたきっかけは、弁護士ドットコムの『ツイッター「#くまモン頑張れ絵」続々…熊本県「著作権の許可範囲内。ありがたい」』という記事だ。

「くまモンのイラスト利用については、くまモンのオフィシャルHPに記載がある」という記述を読み、リンクが貼られていないので「どこに記載されているんだろう?」と疑問に思ったのだ。

くまモンオフィシャルサイト

トップページをひととおり眺めてみると、それらしいメニューは「くまモン利用申請」くらい。ページを開くと、利用規程・逐条解説・利用の手引きなどのPDFやWordファイルへのリンクがずらっと並んでいる。ただ、個人の利用に関するものは、このページには記述がない。

しかたがないので、利用規程や手引きのPDFファイルをダウンロードし、キーワード「個人」で検索してみる。ところが、やはりそれらしい記述は見当たらない。おいおいどうなってるんだ。このファイル群、ぜんぶチェックしなきゃいけないのか?

落ち着いて利用申請のページをもう1回眺めてみると、下の方に「利用申請に関するよくある質問」というバナーがあった。もしかして……と思って開くと、FAQの中に個人利用に関する記述を見つけた。ちなみにこのFAQは、トップページからは辿れない。

思わず自分の記事に「普通に辿っていくと、ちょっとわかりづらい」と書いてしまったが、上から順にチェックするのが普通の感覚だろう。多くの人は私と同じように、利用規程のPDFファイルを開いてしまうのではないだろうか。

……というのが本稿で私の言いたいことでは、ない。ここまで手間をかけて調べたのは、弁護士ドットコムの記事を読んで「どこに記載されているんだろう?」と疑問に思ったから。

弁護士ドットコムのことは、比較的信頼できるメディアだと思っている。それでも「オフィシャルHPに記載がある」と書いてあるのに、そこへのリンクを貼っていないことに、疑問を感じた。

あれ? と引っかかること。その引っかかりを、調べてみようと思うこと。それが自分の行動の、原動力になっている。それを改めて実感した、というのが本稿で私の言いたいことだ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.