鳥の死体

昨日と今日と、立て続けに鳥の死体を見てしまった。せめて、アジの開きくらいに綺麗に開いてお亡くなりになっていただければ、こんなに気持ちが沈むことは無いのかな…。

道端で突然遭遇する、生き物の死体。

『見ちゃった…』

後悔の後にくる、不思議な気持ち。

なんなんでしょう?これ。

私は、

『生きろ』

…と言われている気がしてならない。

仕事、家事、人間関係…目の前の事に追われて、自分を生かすことを忘れていたり。いつか死ぬ事を忘れてしまっていたり。

うまく言えないけど、そういう事を教えてもらえた気がする。

昨日は鳩、今日はスズメ。

もっと飛んでいたかっただろうに。

Like what you read? Give Sakiko Ohtomo a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.