アルマジロ 160917

塚本研の後輩河西くん設計のパビリオン「アルマジロ」を、河西夫妻とその長男きいちろう君と共に体感しに六甲ミーツアートへ。

アルマジロは、六甲おろしが吹く丘にいる。
トトロの猫バスみたいな感じで、風が吹くと生きているかのようにモサモサ動く。
窄まっていて、子供しか奥まで行けないのがとても良い。

構造はしなやかで強く、竹のアーチが大きさを変えながらトンネル状に展開、それらを間伐材の枝が繋ぎ止める。

会期中はワークショップ的に葉っぱや枝をどんどんモサモサさせていき、会期が終わったら全部燃やして自然に還すのだそうだ。
なかなか良くできている。変化していく様も見てみたい。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 山道拓人’s story.