「君の名は。」 四ッ谷/飛騨古川 160921

http://www.kiminona.com/index.htmlより

「君の名は。」は、都市と田舎で暮らす男女が時空を超えて入れ替わる物語。

四ッ谷と飛騨古川という極端な敷地の設定が面白い。しかも弊社ツバメアーキテクツは四ッ谷にあり普段使っている赤阪口が頻繁に登場し、、、ここから先はネタバレになってしまうので控えよう。

上にリンクを貼ったポスター(四ッ谷須賀神社)もそうだが、四ッ「谷」の名前の通り、谷的な地形がある。そのおかげで、例えば弊社は5Fでそんなに高くないのだが、窓からの風景は、すぐ目の前の住宅地がグッとレベルが下がるのでその向こうの新宿、赤阪、六本木etcの東京のランドマークがほぼ全部、とてもよく見える。

都市(東京)をほとんど内包する、すり鉢的な風景のある四ッ谷と、三葉の住む飛騨古川のクレーターのような地形が、残像としてぴったり重なる。

四谷怪談(階段?)というミステリーもあるから時空を超えるには丁度いいのかもしれない。

ロケ地を見学したい人は弊社に遊びに来てください。