本郷三丁目の珈琲FAROにて販売開始しました!

本郷三丁目にヱチソウビルという大正末期に建てられたという古いビルがあります。糸物商、越惣商店の店舗として使われていたもので、鉄筋3階建なのですが、なにしろ築100年ということで大変に風情のある建物です。 『日本商工営業録住所』(明治31年)に、本郷三丁目十六番地の「越前屋」という屋号と「加藤惣兵衛」という人名が掲載されています。加藤惣兵衛は、その後、大正6年12月31日に「合名会社越惣商店」を設立(『官報』第1647号付録・大正7年1月31日)。合名会社にして7年ほど後にこのビルを建てたことになります。合名会社にするときになっても、越前屋の屋号に思いがあったのでしょう。越前屋の惣兵衛で、越惣商店。それが、ヱチソウビルという名前に残っているのはちょっと楽しい。 ちなみに、現在のヱチソウビルの住所は本郷2丁目ですが、合名会社越惣商店の住所は、東京市本郷区本郷三丁目十六番地となっています。実は、地下鉄の本郷三丁目駅もいまは本郷2丁目となっていますが、文京区立図書館の「東京市本郷区全図(明治40年)をみると当時は本郷三丁目だったことがわかります。東京市本郷区本郷三丁目十六番地は、ヱチソウビルのあたりのようです。

本郷三丁目の珈琲FAROにて販売開始しました!
本郷三丁目の珈琲FAROにて販売開始しました!
2年連続で「錯視・錯聴コンテスト」で受賞しました!
2年連続で「錯視・錯聴コンテスト」で受賞しました!

大阪の和気文具さんでの取り扱いが始まりました、フローティングペンの聖地デンマークからお土産、ほか。

関西初の文具店!! 大阪というか関西初の店舗でのアニメーションフローティングペンの取り扱いが始まりました! 昨年秋のあべのハルカスでのエッシャー展の特設ショップで売っていただいて以来。縁あって取り扱いをはじめていただくことになりました。和気文具さん、ご紹介いただいたHさん、ありがとうございます!! この和気文具さん、「文具のみならずコーヒーが楽しめる」、「インスタでの販売はWBSでも取り上げられた」(今回は店舗での販売)、それから手帳や輸入文具に強いお店らしい。そして、オリジナル商品も展開中なのですね。大阪のみなさまはぜひ和気文具さんに足をはこんでアニメーションフローティングペンもご覧になっていただけると!! 和気文具 〒553–0006 大阪府大阪市福島区吉野2–10–24(野田新橋筋商店街の中) 電話06–6448–0161 / FAX06–6448–0162 ■最寄り駅 ・JR 大阪環状線 野田駅 ・JR 東西線 海老江駅 ・阪神電車 野田駅 ・地下鉄 千日前線 野田阪神駅 / 玉川駅 ※通常も週4日1日4時間の営業なので公式ページの営業カレンダー(コチラ)をご確認いただけるとなにかとよいとのことです。

大阪の和気文具さんでの取り扱いが始まりました、フローティングペンの聖地デンマークから土産、ほか。
大阪の和気文具さんでの取り扱いが始まりました、フローティングペンの聖地デンマークから土産、ほか。
遠藤諭

Satoshi Endo : Creator/Organizer of A Project for Making a Floating Pen at Least Once in My Life / @hortense667 / https://www.facebook.com/satoshiendo667