SCP-30億 今すぐダウンロー

アイテム番号

SCP-30億

オブジェクトクラス

Safe

特別収容プロトコル

SCP-30億はその大規模性と社会からの必要性から、収容されることはありません。ただし、SCP-30億はコンピュータ・プログラムであるため、未知の脆弱性を内包している可能性があります。脆弱性が発覚した場合はただちにBクラス以上の研究員にプログラムの修正を依頼し・修正されたSCP-30億を公表してください。また、SCP-30億は今も更新されており、Bクラス以上の研究員は更新に合わせて公開された仕様書・概要をできるだけ閲覧してください。

説明

SCP-30億は大規模なコンピュータ・プログラムであり、それに伴って存在している仕様書、プログラムのソースコードです。現在販売・稼働している通信機器のほとんどにSCP-30億はインストールされています。

SCP-30億は、1990年12月に[編集済み]社が立ち上げた内部プロジェクトを前身としており、現在は[削除済み]社がその維持開発を担当していることになっています。しかし、[削除済み]社は現在機能しておらず、定期的に訪れる大規模な更新がどのように行われているかは現在のところ解明されていません。

SCP-30億は主に2つの要素から成り立っており、それぞれSCP-30億-1、SCP-30億-2と呼称されます。これ以外にも幾つかの副次的要素が存在していますが、特筆すべき部分がないため省略されています。

SCP-30億-1は、一般には███と呼ばれています。通信機器に実際にインストールされ、使用されているのはSCP-30億-1です。削除することも可能ですが、SCP-30億-1を前提としたプログラムが多数存在しているため、現実的ではありません。SCP-30億-1は定期的なアップデートを必要としています。これにはSCP-30億-1に存在する脆弱性の修正、機能の改善などを目的にしていると考えられています。

SCP-30億-2は、SCP-30億-1を配布しているWebページです。SCP-30億が世界中で使用されていることから、複数言語で表示することが可能です。また過去のバージョンのSCP-30億-1や、SCP-30億-1で動作するプログラムを作るためのツール群なども配布されています。

警告

次にリンクされているページはセキュリティクリアランス4以上の権限を持つ職員に限られています。権限のない職員は絶対に開かないでください。

https://medium.com/@schemelisp/scp-30%E5%84%84-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%A8keter-%E4%BB%8A%E3%81%99%E3%81%90%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC-89a5ed47f5f6