twitterに書いた文だけど、試しにここにも書いてみる。

『ギンカムロ』(美奈川 護、集英社文庫)を読了。花火師の話。バランスのいい小説だった。引き込む筆力があるけど表現に溺れず、ストーリーは複雑すぎず、単純すぎず、田舎の祭の重さを引きずりながら、適度な謎を混ぜ込んでいる。

Like what you read? Give 青奇家 a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.