自分の人生戦略

手の内を明かすと、僕はいずれそこそこの小金持ちになるつもりで生きているが^^;それを実現すべく現実的なプランを持ち合わせていない。

なので、身を案じてくださる諸先輩方から、嫌味の一言をよく言われるわけだが、なぜかヘッチャラなのである。

僕の人生戦略はシンプルだ。

①仕事では、最低限の衣食住確保できるだけの収入があればいい。

②食にかけられる一般人のお金の1/3~1/5ぐらいでも豊かであるぐらいの、食に関する技術と知識と環境を確保する。(衣食住の中では食に執着があるため)

③拘束時間を減らし、無理なく自由に使える時間を確保する。

④人生道半ばでなんかで一発当てる

仕事を60歳か70歳で引退しようと思うと、50歳ぐらいから締めくくりに入らなければならない。そうなると、50代はつまらない消化試合又は、夏休みの8月最後の週のごとく、老後の金確保の為だけに、奔走するという事になる。

だったら、ずーと貯蓄しないけど、生きていけなくはないぐらいのユルイ収入を渡り歩けるマインドとスキルで良しとし、拘束時間を減らし、自由な時間でギャンブルする。結局ギャンブル成功せずに人生終わっても、ギャンブルは続けられたんだから、いい人生だったな。となる。

ポートフォリオ理論という理論が僕は大好きなのだが、これは、一見するとつまらなくて注目されない。資産を分散投資せよ、という話。リスクの低い状態に全部置いておくよりも、高いものから低いものまで分散させたほうが、安全である確率が高いと言っている。分かるだろうか?意外と謎めいていると僕は思う。しかし数学的に綺麗に証明されている事実だ。

時間の管理にもこれは応用できると思っている。

誰が見ても、間抜けな時間の使い方をあえて、沢山してみる。これは贅沢でもあり、思わぬチャンスが舞い込んでくるかもしれない。

という事で、僕の人生戦略の肝は④の思わぬ方法で1発当てる。という事になる。

皆、努力努力だという。だが、僕がどれだけ色んな人の成功例を見てきても、コツコツ積み上げて、0から金持ちになる人などいない。極論言えば、努力なんか、成功とは関係無い。だから、成功者になりたい人からお金を得るビジネスをしている人は、努力の重要性を語る。努力させれば、その人達はいつまでたっても成功しないから、自分に金を落とし続けてくれるからだ。そして、金を得ている胴元はこう考える。「バレない程度に違法にならない程度に騙しながら真実味のある嘘をマメに発信し、馬鹿どもから集金する為に、俺がどれだけ努力しているか!」と。実際は対した努力なんかじゃないよそれは。と言いたい。

一発当てた人は誰も、「一発当てた」と自慢しない。コツコツやってきた、とか、運が良かったとか言う。

もちろん、一発ね~かな?と毎日虎視眈々と狙っている姿勢、それが罠ではなく、確かな一発だと、とチャンスを嗅ぎ取るセンス、チャンスがあれば、既存の方針や人間関係をもをぶち壊して、遠慮なく取りに行く図々しさ、信じたチャンスに全額投じる度量、得たチャンスを膨らます才覚。これらがあって、本当に一発当てたことになる。

そこには、並々ならぬ苦労が一般的には必要となる。まれに、生まれ持っている人もいるんだろうが。

僕の人生のミッションは、親とか、先生とか上司とか、自己啓発書とか、が言ってきた、いかにも真実めいた事にあらがって、ざまーみやがれ良い生き方だったぞバカヤローと老人になってから言うことだと確認した。だから、小金持ちにはならなきゃならない。コツコツ努力せずに^^;

まぁ、ナリワイは、小さくコツコツ真面目にやってまっせ。ただ、これでは金持ちにはなれんのでね。そこの自覚が大事。

だから、ジャズ喫茶経営しようが、藤原家の興亡を題材とした長編歴史小説を書こうが、へんなカレーを開発しようが、生命保険数学をもう一度勉強しようとか、瞑想の方法を模索しようとか、まぁ、変なことを色々してるんですが、目をつぶってくださると幸いです。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated ホーチミン日記’s story.