良い人の反対とは魅力的な人

言い残しておきたいシリーズです。

10年ぐらいぼんやり思っていた事でしたが、唐突にまとまりました。

全てに当てはまるとは言わないけど、そういう傾向があると思う。

魅力的な人だな、と思える人や、魅力があって有名になっている人に共通して見られる要素の多くは、良い人が持つそれとは反対だなと。

じゃぁここで言っている良い人とはなんだ?と言うと、

・すぐ騙される人

・すぐ慌てふためく人

・オッチョコチョイな人

・他人の不幸を黙って見てられないで、後先考えない行動してしまう人

・正直に思ったことを言ってしまう人、嘘がつけない人

・人の話に共感しすぎる人

・お節介な人

・遠慮しすぎる人

・人を人種や職業、会社や年収、肩書や家柄や見た目で差別しない人

・金勘定、損得勘定が下手な人

・自分が得るべき対価や報酬、名誉や成果物をおしげもなく人にあげてしまう人

・恥ずかしがり屋な人、アピール下手な人

という感じか。それぞれの逆を考えると、魅力的な人間と言われる人が思い当たる

いい人そうに見える人は、魅力的ではあるがいい人では無い。有名人で、TVや写真でいつも笑顔の人は、いい人なのではなくて、笑顔で映っている事が得する事を知っているからだ。そういう人は多いが例えば亀井静香は、怒っていても顔は笑っている。いつ写真を撮られても笑っている顔ならば、いい人とみられる事を知っているから。

実際のいい人は、いい人そうに見える状態をキープできないし、そもそもいい人は自分のいい人の成分を人に見せびらかそうという発想が無いから、いい人にはとても見えない。

魅力的な人もいいし、良い人もいい。魅力的じゃない人がいたら、その人はきっと良い人なんだと思うと、人の見方が変わるんじゃないか。

魅力的になる必要があるとしたら、人に好かれたい人生を歩みたい場合であって、人に好かれたい人生に執着がなければ、別に魅力的になる必要は無い

魅力的になるのは、コストがかかる。もともと生まれつきの悪党、いや訂正、魅力的人物である場合はいいのだが、大半は逆だ。

魅力的になる為の修行は大変だが、人生疲れたらそんなのはやめちまえばいい。人から馬鹿にされたら、さっさと縁を切って、次に行っても、世界は広すぎて一生で回りきれない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.