行く人は誰か (Kaplan-Meier法)

腰痛は一向に引かず、喉元を過ぎたころに痛い目を見ることの繰り返し。監督として後輩達と山に行くこともできず、痛みで熟睡できないためか毎日頭に霞がかかったような使えない野郎としての日々。

昔、我がクライミングの師と、劔沢での話。師は薄暗がりに遠くの登山道を行く懐電歩行をする登山者たちの行列を見て、カプランマイヤーの様だとつぶやいた。KM-curveについてよく知らなかった学生時代の僕だったが、妙に納得した覚えがある。

その思い出が強く、それ以来論文や教科書でKM曲線を見る度にその時の綺麗に晴れた剱沢の空気が胸に蘇り、山への思いが掻き立てられる。素敵でちょっと寂しい条件反射だ。

一般の方のブログより

KM-curveに立つ人(ライン)とは誰(何)なのか。

研究対象がCensorと呼ばれる条件になった場合に表示される(しなくてもいい)。Censorとなるのは以下の場合であり、以降は分母に入らなくなる。

  1. Study ended(観察期間終了)
  2. Loss to follow-up(追跡不能)
  3. Withdrawal(研究参加の撤回)

また登山がしたいなあ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.