復興するために
岩下 啓亮
12

少し乱暴な発言ではないかと…

しかし、仰りたい本筋には同感するところも多い!

ボランティアはあくまで慈善や善意に基づく行為であり、そこのところを勘違いした(好意に甘えた)行為が見られるのであれば是正されて然るべきでしょうね。

求職中の方は多いのに、ボランティアは不足しているとのことですが、求職中なのに中断してボランティアに行くというのも何か違和感を感じます。その点、行政などが求職中の方を復興のため採用することが出来るのであれば、両者のニーズが合致するケースもあるかもしれませんね。

何れにしても、現状がそのまま日常化していくことが、被災者の立場に立ってどういう意味を持つのか、そこのところをよく考えてみたいです。

Like what you read? Give Shin Myc a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.