被災地の臨場感を伝える報道とは、悲惨な結果を映し出す映像ではなく、実際に必要なこととは何かを被災者の方々の声を通して具体的に報じることなのではないかと思います。
臨場感が伝わる報道
寺元 沙羅
21

本当にそのとおりですね。それでこそ報道の役割を果たすことができると重います。災害時に限ったことではありませんが、無意味なコメントを被災者(幸い助かった被災者)に求めることでリアリティーが出ると思っているのであればそれは錯覚としか思えません。それとも取材スタッフの稚拙さなのか。

臨場感のある報道を通して、更なる支援の輪が広がりますように期待しています。

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.