Member preview

平成が終わる前に(6)〜スターバックス

私的平成レビューですがなにか?

“two white disposable cups place on brown soil” by Takahiro Sakamoto on Unsplash

スタバは私にとっての「サードプレイス」。仕事をする前にちょっと立ち寄ったり、オフの日に読書したり。もう1000回以上行ったんじゃないでしょうかね。

(※記事後半部分で「スタバ派なら行っておくべき、おすすめ店舗10選」をまとめていますので、最後までご覧ください)

スタバが日本に上陸したのは1996年。銀座にある「銀座松屋通り店」が記念すべき第1号店です。その後1999年には全国に52店舗と急拡大。人口に膾炙するのに時間は掛かりませんでした。

私の地元にスタバができるのは2008年まで待たなければなりませんでしたが、仙台には2000年に進出しており(仙台エスパル店)、私が初めて行った店舗でもあります。当時はメニューの意味がわからず、とりあえずドリップコーヒーだけを飲んでいた記憶がありますね。

とにかくおしゃれな内装と、気取ったメニューに、当時15歳だった私はカルチャーショックを覚えましてね。それ以来、明治政府の岩倉使節団のようにスタバかぶれになって現在に至ります。

あれから18年が経過し、スタバも作業場の延長みたいな位置づけになりました。それでもなお通い続けるのは、今もなおスタバの雰囲気に魅了されているからなのかもしれません。

▲スタバカードコレクション(の一部)。カード買うために旅行に行っているようなもんです。

スタバ派なら行っておくべき、おすすめ店舗10選

・スターバックス コーヒー 目黒セントラルスクエア店

店内にはキッズスペースがあり、定期的に店員による絵本の読み聞かせがあります。店内の椅子と椅子の間の間隔も広くなっており、ベビーカーでも通りやすいです(知り合い談)。子連れに優しい店舗と言えます。

・スターバックスコーヒーゲートシティ大崎店

この店舗の魅力といえば天井の高さ。建物でいうと2階分ぐらい吹き抜けています。ソファもふかふかでついうたた寝してしまいそう。大崎駅に近いので、ひょっとすると五反田や品川でスタバを探すより、決め打ちでこのゲートシティ大崎店を目指したほうが◎

・スターバックスコーヒー鎌倉御成町店

昭和に活躍した漫画家・横山隆一氏の邸宅跡を改装してつくられた店舗。プールもあったりして(もちろん入れません)別荘気分です。鎌倉はおしゃれなカフェが多いですが、ここのスタバも押さえておくべきです。

・スターバックスコーヒー出雲大社店

出雲大社の目の前にあります。木を基調とした作りが和を演出しています。出雲大社に行くときはぜひ寄ってみたい店舗です。なぜかコンセントもあったりして(2014年当時)、ノマドワーカーにも優しい。

・スターバックスコーヒー神戸北野異人館店

北野異人館エリアにあるスタバです。坂の中腹にありました。洋館をそのままスタバにした感じで、チェーン店と化した一般的なスタバとは一線を画しています。家具もおそらく洋館のものをそのまま使っているのでしょう、テーブルも味のあるものが置いてありました。

・スターバックス川越鐘つき通り店

川越の「時の鐘」がある並びにあるスタバです。外観は和風家屋になっていて、周囲の建物にとけ込んでいました。訪れたのは土曜日ということもあり、大変混雑していて中には入れなかったのですが、また来たくなる店舗でした。西武新宿線本川越駅から徒歩19分という立地なので、タクシーを使うと良いかも。

・スターバックス太宰府天満宮表参道店

福岡・大宰府にあるスタバ。表参道の中にあります。木を使った印象的な外観は、隈研吾氏による設計だそうです。私は連休に行ったので、なかなかの混雑ぶりでした。大宰府で受験合格祈願をしたら、ここのスタバで勉強すると点数が上がるかも(?)

・スターバックス那覇国際通り牧志店

国際通りに行ったらここのスタバ。リクライニング席が建物の外側に向いて並んでおり、そのガラス窓からは国際通りが眺められます。私が行ったのは日曜の午前中でしたが、あまりガヤガヤしていませんでした。国際通り観光で疲れたらぜひ。

・スターバックス明洞未来店

韓国・明洞(ミョンドン)にあるスタバ。明洞駅から近いので利用させていただきました。私は買い忘れてしまいましたが、ソウル限定のグッズ(マグカップなど)が売っているので要チェックです。

・スターバックスアラモアナ・センター店

ハワイにある有名ショッピングセンターである「アラモアナ・センター」のスタバ。ちょっとした広場みたいなところにあります。やはり世界展開しているスタバは安心感がありますね。海外に行くとスタバばかり行ってしまいます。