4250–151218 Ulysses 2.5 のベータ版試用開始

shio的理想の作文環境「Ulysses」。現在、MacとiPadで使えます。書いている内容はiCloud経由で常に同期される。Macで書いた続きをiPadで、iPadで書いた続きをMacで。自由自在。ほとんどの原稿をUlyssesで書いています。

Mac版のアプリは、Mac App Storeで「Best of 2015」のひとつに選ばれました。

shio的に気に入っているポイントは下記の通り。

  • 文章を書く環境として、プレインテキストでありながら脚注が打てるのが決め手。
  • 目標文字数を設定するとドーナツ状のアイコンが丸く伸びて、進捗状況を視覚的に把握できます(もちろん数値でも表示されます)。
  • Markdown記法に対応しているので、このブログの原稿のようにリンクを貼りたい文章も楽々。
  • プレビュできるので、貼り付けた写真を確認するのも容易。
  • 黒背景に白文字で表示する「ダークモード」があるので、shioはもちろん常時ダークモードで使っています。
  • 複数の原稿を一元管理。
  • iCloud経由で常時バックアップ、常時同期。

個人的には、flickrにある写真のリンクタグを貼るのはiPadの方が手間が少なく、原稿を書くのは親指シフトできるMacがベター、という事情から、iPadとMacとで円滑に行き来できる仕組みがありがたい。

そのUlyssesに望んでいることは2つ。iPad Pro対応とiPhone対応。

開発者ブログによると、次のversion 2.5で両方同時に対応するとのこと。特にiPad Pro対応に関しては、キーボードサイズがiPad Proに最適化されてほしい。またiPhoneに対応すれば、原稿をiPhoneでも編集できます。

500名限定でベータテスターを募集していたので、すぐにUlyssesへの愛を語って応募したところ、ベータテストの依頼をいただきました。Mac版とiPad版、両方ともベータ版を試用しています。

素晴らしいです。現時点で既に不具合もなく、同期が速くなって安心。iPad Proに対応しているため、きちんとiPad Proのフルサイズキーボードが表示され、typo知らず。念願だったリストの表示順序も個別に設定できて、見やすくなりました。その他Split ViewなどiOS 9の各種新機能にもしっかり対応して、問題なし。

正式版のリリースが楽しみです。

(なおベータ版の内容をSNSなどに書いてもいいとベータテストのライセンスに記載されているので、こうして書いております。)

http://shiology.com/shiology/2015/12/4250-151218-uly.html

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.