4309–160215 徒歩で行こう──車に乗らなくなった原因

ETCマイレジサービス・ポイント交換」の案内ハガキが届きました。見ると、貯まっているポイントが非常に少ない。

高速道路に乗る機会が減っているということです。改めて、クルマに乗っていないことを実感。クルマは依然として大好きだけど、乗る機会がめっきり減っています。

2012年9月以降、移動の基本は徒歩。車に長時間座り続けるより、歩く方が楽で気持ちいいから。その原因をあげます。

(1) ビブラムファイブフィンガーズを履いている

最大の原因はビブラムファイブフィンガーズを履いているから。足が軽い、痛くならない、むくまない、体が温まるなど、快適を実感するから、一歩でも多く歩きたい。かかとが地面に当たらないから、タイヤが転がるように滑らかに歩き続けられる。血行が良くなるから、身体が温まり、風邪をひかなくなったし、インフルエンザのもかからなくなり、花粉症も消え去りました。余計に歩きたくなります。

(2) Apple Watch

Apple Watchは歩数計、活動量計。これを身につけて以来、歩数だけでなく座り続けて動かなかった時間もわかるので、歩く時間を増やしたくなります。座り続けたくありません。

(3) 荷物ミニマルで手ぶら

歩くには手ぶらがベスト。そこで移動時の荷物は最少限(ミニマル)にしています。もっとも最少だと「薄い財布」と「iPhone 6s Plus」のみ。iPhone 6s Plusの裏にはオートチャージのSuicaを貼り付けてあるので、それさえあれば移動もコンビニでの買い物もできます。また、iPhone 6s Plus一つで執筆、メイル、撮影、スキャン、プレゼンなど全ての業務を行えます。プラスして持つのは、「SIGMA dp1 Quattro」、「GR II」といった超高性能カメラ。普通の写真だったらiPhone 6s Plusで十分撮れますが、超高画質の写真をきちんと写したいから。dp1 QuattroなどSIGMAのカメラはコートのポケットに入れますし、GR IIはベルトに付けますので、依然として手ぶらです。

車に乗らないということは、電車に乗ることになります。基本的にラッシュを避け、早朝に移動しています。徒歩人(walkman)の朝は早いです。

http://shiology.com/shiology/2016/03/4309-160215-89b.html

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 塩澤一洋, Kazuhiro Shiozawa’s story.