東京オリンピック幻想

先日とある不動産営業マンから久しぶりに電話がありました。「東京オリンピックまでは不動産価格あがるので!」即座に「え、なんでですか?」と返し、明確な答えがなく電話を静かに切りました。

ホテル業界やインバウンド業界、テレビ・新聞などの大手メディアでもよく”東京オリンピックに向けて訪日外国人増え続ける”と言いますが、東京オリンピックが訪日外国人数増の主要因なのでしょうか。確かに2020年のオリンピック期間は来日外国人は増えるでしょう。しかし昨年から今年にかけて、データでも訪日外国人数は増えてますが、それは確実にオリンピックの影響ではない。

また不動産に話を戻すと、不動産売買の本質は相対取引(1on1)です。マクロの市場環境が影響するものの、不動産市場全体は個々(ミクロ)の取引の合算という側面がある。それらを鑑みて「東京オリンピックまでは不動産価格上がる」なんて、到底ロジカルではない。ましてオリンピック神話で爆発的に儲けるのは、レガシーメディア、広告代理店、大手デベロッパー等中心です。オリンピックブランドが維持されればされるほど儲けが多くなる、だから宣伝する。

私はオリンピック大好きですがこの激動のSNS,趣味の多様化時代において、国民の関心が五輪に行き続ける保証すらない。作られた象徴的なイベントに引っ張られすぎて、思考停止に陥るのはイケてないと思いました。

▼インバウンド訪日外国人動向 ※出典 日本政府観光局 (JNTO) 発表統計よりJTB総合研究所作成
https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/inbound/

Like what you read? Give Shuhei Okano a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.