仕事の文書書き方

  • 理科系の仕事の文書では、主張が先にあてそれを裏付けるために材料を探すことはありえない。書く作業は、主要構成材料が手元に揃ってから
  • 自分の書こうとする文書の役割を確認することが第一の前提
  • 相手(その文書を書かせると 読む人)が何を書かせたいのか、何を知りたいのかをとことんまで調べ上げ、考え抜くのが先決
  • 一つ一つの文は読者がそれまでに読んだことだけによって理解できるように書かなければならない。
  • 脇道に入る所でそれを明示しなければならない

課題与えられたら

【何をかけ】というのが細部まできちっと決められている場合は、その目的にはどんな情報が必要か、自分の意見が期待されているとすればそれはどういう点に関してだろうか・・・を反省、検討することから始める

— — — — — — — — — — — — — — — — — — —

【欧州の読者はしばしば日本人の書いた英文をしばしば墨絵のようだと評する。自分で想像力を働かせて空間を埋めながら読まなければ行けないからである。】

そうなんだおもろい

説明書の内容

説明書の内容は2つに別れる

機構の説明

手引

説明書は誰が、どういう目的で、いつ、どこで読み、どう利用するのかを考え、それに適するように情報を、選択・配列することが第一。