倉敷緞通(くらしきだんつう)の工房へ。

倉敷市中心から南へ、早島にある倉敷緞通の工房を訪ねました。

倉敷緞通とは、い草を使った敷物です。

このじゅうたんのようなものにい草?とよく驚かれますが、

こちらが織る前の緯糸になるい草に和紙を巻いたものと、麻とレーヨンの混紡のリング糸です。

あたたかみがありながら、通気性も良いという倉敷緞通の理由がここにあります。

倉敷緞通は、昭和初期に日本筵業(えんぎょう)が作っていたものを、民藝運動を進めた柳宗悦が見い出し、芹沢銈介にデザインを依頼し、それから昭和30年ごろ最盛期を迎えました。

それからは安価な海外製品などが出回り、生産が少なくなり一旦途絶えてしまいました。

そんな倉敷緞通の作り手になったのが瀧山雄一さんです。

何人もの工場で作られてきた緞通を一人で作り続けています。

次は具体的な製作過程を紹介します。