人と違うことが価値。「あなたは変わっているね」が至高な理由。It is value to be different from a person.

時代は急速に変わって来ています。

その最たる理由のひとつは、

インターネットの昇竜です。

インターネットの発展で、仕事、プライベート、意思疎通…

あらゆるシーンに影響を及ぼしました。

とりわけ、日本国内において、

これだけ成熟期を迎えると、

人と同じことをやっているだけでは、価値が見出せなくなっています。

モノがない、価値観が無い、インターネットもない時代は、

人と同じこと、統率が取れていること、みんなで力を合わせて何かを成し遂げること。

正解は常にひとつでした。

でも、今は、解はない時代です。

何をやっても解に成り得る時代です。

環境の変化に対応して行動できる人。

変化を予測できる人。

そして、とにかく行動できる人。

そして、そして、

人と違うことをやっている人。

間違いなく、こんな人がこれから社会に求められて来ます。

実際、Simplishで関わっている多くの人は、

人と違って、変わっています。

人と違うことを受け入れるマネジメントも、これから需要は半端じゃないと考えています。

I change rapidly in the times.

One of the best reasons,

It is a rising dragon of the Internet.

By development of the Internet, it is work, a private, mutual understanding…

I had an influence on every scene.

Among other things in Japan,

When only this greets opportune time,

I cannot find value only by doing a thing same as a person.

The times when there is not the Internet without sense of values without a thing,

I match power in thing, everybody getting a thing same as a person, the leadership, and accomplish something.

The correct answer was always one.

But the solution is the few times now.

It is the times when it can become a solution even if I do anything.

The person who can act in response to an environmental change.

The person who can predict a change.

And the person who, anyway, can act.

And and,

The person who does that it is different from a person.

Such a person has been certainly demanded from the society from now on.

Actually, many people whom I am concerned with in Simplish,

Unlike a person, I am strange.

The management to receive the thing that is different from a person thinks that the demand is not odd from now on.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.