採用面接では面接官を逆に面接しなさい。Have an interview in interview officials in the adoption interview adversely.

「志望理由は??」「どうして当社を??」「将来の目標は??」

って、企業の採用面接ではよくあるんだけど、

思うことは、

情報共有が一方的過ぎるので、

逆に面接担当の人に聞きましょう。

でなければ、会社がわからないので。

質問はありますか??

という場面では、

そうですね。最低5つは質問して下さい。

「どうして、この会社に入ったんですか??」

「いま、やっている仕事のビジョンを教えて下さい」

「一言で言うと、どんな会社ですか??」

「どんな人を求めていますか??」

「どんな人が、いますか??」

「トップ営業マンや、トップマーケッターは、どんな人ですか??」

がっつり聞いてあげて下さい。

そうでないと、会社のことが理解できるわけがないので。

“The desired reason?” ? “We which are why?” ? “The future aim?” ? 」

Hey, it happens quite often in the adoption interview of the company,

Thinking,

Because information sharing is too unilateral,

On the contrary, let’s ask the person in charge of the interview.

Otherwise because I do not understand a company.

Is there the question? ?

In the scene,

Let me see. At least five, please ask you a question.

“Why did you enter this company?” ? 」

“Please tell me the vision of work doing now”

“What kind of company is it when I say with a word?” ? 」

“What kind of person do you demand?” ? 」

“What kind of person is there?” ? 」

“What kind of people are top salesman and Merketter?” ? 」

Please hear it a whole bunch.

If you don’t, because I cannot understand a company.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Soh.Simplish.CMO.Japan’s story.