Smart Keyboardが思いのほか良かった

iPad Pro 10.5を入手した際、同時に買ったのはApple Pencilだけだった

というのも、Smart Keyboardは店頭で何度触ってもしっくりこなかったのだ。

しばらく試用しては「ペタペタした打鍵感が気に入らない」という結論に達して店を出る、という行動を3回ぐらい繰り返した。

しかし、発売直後ということもありサードパーティ製を見渡しても代替え案はほとんどない。

薄さと軽さを両立したハードウェアキーボードとしては唯一の選択肢であることに変わりないため、疑心暗鬼のまま購入に踏み切った。

ハードルが低くなってたからか、意外に悪くない印象

JIS配列を選んだので、ホームポジションが左寄りだから慣れるまで大変そうだなーとか考えてたら、1日で慣れた。

ただ、Microsoft Universal Mobile Keyboardと比べるとやはり打鍵感が物足りない。打鍵感は本当にバカにできない。長文を作るときは特に大切な要素だ。

Smart Keyboardは、薄さ・軽さとのトレードオフとして割り切って、納得して使おうと思う。

Like what you read? Give Seiji Murakami a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.