VTEncoderXPCService がCPUを食い尽くす際の対処法

Mac OS High Sierraで写真.appを使っていて、iCloud上に同期している場合、VTEncoderXPCServiceによって動画がエンコードされてからアップロードされているような挙動となる節がある。

作業時に裏で動画エンコードされてはCPUを食いつぶされて困るので 、写真.appのライブラリ内から動画を退避することにした。

写真.app内からオリジナルの動画を書き出そうとするとVTEncoderXPCServiceが動いてしまい元も子もないのでターミナルからコマンドで対処する。

find ~/Pictures/PhotoLibrary.photoslibrary -name “*.mp4” -o -name “*.MP4” -o -name “*.mov” -o -name “*.MOV” -print0 | xargs -0 -J % mv % ~/Movies/

PCで動画をiCloud上にアップロードする際は写真.appの同期を使わずに、ブラウザから icloud.com に行き、直接アップロードしたほうがいいのかもね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.