遅れを取り戻そうと必死だった長男の話

昨年の秋頃のはなし。

少し落ち着いて、あ、そうだったんだという結論まで至ったことを機に投稿します。

ちょうど九九を勉強し始めている頃、小学校二年生の息子が水疱瘡にかかりました。

それ自体は、普通の水疱瘡。

治れば学校に行ける程度。

だったのですが、学校行けるかな?というタイミングで嘔吐。熱を出す。

もともと学校に行く朝は少しぐずるところがあり、水疱瘡で休んでたことから、休み明けで余計に嫌なのが少しからだにでているのかな?程度の考えてました。

数日様子を見ても、ずっと同じ症状。

心配して妻が病院へ。

結果、2週間の入院を要しましたが、免疫力の問題で大きな病気ではありませんでした。

当初は

脳炎ではないか?

と言われていましたが、安静にして体も落ち着いたので無事退院。

その間も大変でしたが、何よりも退院後。

学校に一向に行こうとしません。

原因を色々と聞いても言わない。

ただ、勉強が嫌だと。

そんなのみんなそうやん?と僕は言ってましたが当然解決せず。

実は後々の懇談会でわかったことです。

本当に勉強が嫌だったとのこと。

九九が遅れていることで、学校の先生は残ってずっと九九を勉強させてました。

妻も、家に帰ってくると九九の勉強。CDで九九の歌を流して、お風呂場、トイレには九九の早見表。

ある日妻が不在の時に、僕と長男と5歳の弟の3人で家にいました。

弟がゲームをしていると、いつもならそれを横で見てうるさい長男が、やけに静かで、あれ、何してんのかな?と

後ろを振り返ると、

一人で机に向かって宿題をしてました。

あれ!どうしたん?何も言ってないのに!?

すると

暇やし、どうせやらなあかんからやってんねん。もう終わるで

と嬉しそうに話してました。

妻が帰ってくると、宿題終わったーと嬉しそうに報告。

やれっていったん?と聞かれた僕は

そこから、ポツポツと妻が話しました。


実は、学校行けなくさせたことを後悔している。

九九遅れているからと毎朝毎晩追い込んだ。

学校でも最近帰り遅かったのは、学校の先生に居残りさせられてた。

息子は自分でも、周りに言われてやばいと思ってた。

だから、自分でも勉強していたけど、家にいても学校にいても、九九、九九、九九、九九…。


入院している時に、もっと入院してたいなと僕に言ったのは

もしかすると、それから解放されるからではなかったのか。

九九のテストでは、満点を取って嬉しそうに帰ってきました。

親や先生がやいやい言わなくても、自分でなんとか追いつこうとしている息子を信じてあげれなかった。

長男は、

次の休み、家族みんなで遊びに行きたい

と言いました。

息子を信じること、家や休みでは、安らぎを与えること。

休みの日、学校から帰ってきた時にはもっと息子を見てあげること

こんな当たり前のことに気づかせてくれました。

ちなみに、5歳の次男坊はすでに九九を大方覚えています。意味はわからないみたいですが…。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Soramido’s story.