【”歴史”を学ぶ意義】ベトナム人が日本の歴史を知りたかった理由

なぜ過去を学ぶのでしょうか

こんにちは。ベトナムで日本語教師をしています。

先日、生徒の皆から『日本の歴史を教えてほしい』という強い要望があり、
授業を作ってみました。

”日本の歴史”の授業案

どんな授業を考えたか。
授業の計画を少しご覧ください。

目的:日本の歴史を学ぶことから、何を得ることが出来るか(出来たか)を考える
進行:
1.ベトナムの歴史について知っていることを尋ねる。日本語で話してみる
→他国を知る前にまずは自分の国から。チェックイン的要素も含めている
※チェックインとは:http://plus1com.seesaa.net/article/437850095.html
2.日本の歴史には”〇〇時代”というものがあることを知る
→年代と時代名が書かれた紙を配布。
3.各時代区分ごとの特徴的な写真を複数枚貼り付けたA4用紙を配布
4.全員で相談しながら、時代の順にそれらを並び替えてもらう
5.並び替えられたら、そう並べた理由を聞く
6.答え合わせ。時代順(縄文時代から)に正解を発表し、各時代の簡単な説明、時代の変化の理由を紹介
7.昭和・平成まで終えたところで本題。『どうして歴史を勉強するのか。その意味は何か?』というテーマでディスカッション

という授業展開で実施しました。

歴史を学ぶ意義。私の意見

私は3つあると思っていて、

1.過去の歴史の動きを計算・分析することで、今後の世界や社会の変動が予想できる

温暖化と寒冷化は、周期的に繰り返しが起こっています。
グローバル化とローカル化の流れについても同様です。
後者については、これがとても良い記事。
https://newspicks.com/news/1888670/body/
このようなことを分析し、未来を考えるために過去から学ぶ必要があると考えています。

2.二度と同じ過ちを繰り返さないため

主に戦争、です。大きな事故・事件です。
それが起こってしまった要因を知り、教訓とするために歴史を学びます。

3.課題解決の事例として

過去の事例から学ぶということです。
2つ目の理由にも関連しています。
経営や教育などは、特に歴史から学ぶところは多い学問の一つでしょう。

これらが私の考える『”歴史”を学ぶ意義』です。

歴史を学ぶ意義。あるベトナム人の意見

では一番強く、私に歴史の授業開催を懇願した彼はどう考えていたのか。

『歴史を勉強したら、その国やそこにいる人の性格や文化がよくわかる。異文化理解、異文化の共感がしやすくなる』
でした。

私はめっちゃ共感して。
歴史の授業を懇願していたのには、「日本をもっと理解したい」という思いがあったのだなーと知り胸が熱くなりました。

歴史の授業の様子
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.