1st Week in San Francisco | 4/24 ~ 4/30

アメリカのカリフォルニア州、サンフランシスコに留学して、約一週間が過ぎました。サンフランシスコに留学した目的としては、2つあります。

まず1つ目は英語の習得。そしてもう1つは、プログラミングやデザインのスキルを高めることです。僕はプログラミングなどのITに関係することに非常に興味があります。サンフランシスコはそういったIT産業が盛んな地域なので、少しでもそういったことを学べればと思い、サンフランシスコを選びました。

現地の語学学校に通いながら、約1年間ほど滞在する予定なのですが、初めの1週間はとにかくしんどかったです…

学校について

僕は正直、今はあまり英語力がなく、話すことはもちろん、ライティングなども得意ではないのです。しかし、たまたま入学テストで良い点を取ってしまい、少し上のクラスに入ってしまいました。

授業はもちろん、英語で行われる上に、やっている内容も難しい… 少しでも聞き逃すともうついていけなくなります。少しでも早く追いつけるように、来週からはもっと集中して授業に臨もうと思います。

後これは、どの授業を受けていても感じることなのですが、ヨーロッパの人の頭の良さと積極性は本当にすごいと感じました。先生が質問したことに対して、僕が理解しようとしている間に、もう受け答えしています。

先生「これの意味はわかる?」

僕「えっと、先生はこういったから、つまり….」

ヨーロッパの人「こういうことですね!!!」

ってな感じです… 笑

しかも、僕がわからないことがあると、わかるまで一生懸命教えてくれます…めっちゃ紳士的!正直申し訳ない上に、かなり悔しいです…

考えさせられたこと

やはり、留学してすぐということもあり、非常に刺激的で、多くのことを考えさせられました。その中でも特に感じたのが…

英語以前に、それ以外のことについて知らなすぎる

これは本当に考えさせられました。授業でよくディスカッションがあるのですが、他の国の人たちは様々なお題に対して、どんどん議論が進んでいきます。例えば、

「アメリカの歴史について」

というテーマでディスカッションを行う授業があったのですが、ヨーロッパの人と先生でどんどん議論が進んで、日本人は置いてけぼり、ということがありました。(もちろん英語についていけないということもありましたが…)

日本にいる間から、色んなことに興味を持って、知っておくべきであったと、すごく反省しています。様々な国の人と交流して、この1年間で色んな知識をつけようと思います。

まとめ

とにかくこの1週間は、英語に慣れていないということもあり、しんどかったです。来週からは、少しでもディスカッションに参加できるように積極性を持って授業に参加できればと思っています。

後、この日記もいずれは英語でスラスラと書けるようになりたい…

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.