オールドメディアこそがキュレーションメディア

日本国内に限れば,10年位前は「 新聞がなくなる」と言われていた。結局,今もって新聞も販売店システムも健在だけど。ただ新聞もテレビも「一次情報源」ではなくなった。どちらかといえばテレビや新聞といった「オールドメディア」こそがキュレーションメディアの最右翼である。

個人的にはネットが「テレビ化」していることのほうが問題。これは世界的にそうらしい。テレビ化するということは情報の発信者と受信者(消費者)という非対称な関係(=格差)が拡大するということだ。「キュレーションメディア」という存在自体が端的にそれを表している。

ネットにおいて消費者は最底辺の社会階層だ。もう「お客様は神様」ではなく搾取の対象である。

(これは Facebook に書いた殴り書きから再構成した記事です)