BY-SA 4.0 と GPLv3 との互換性に関する議論が始まっている

ゲームのように「コード」と「コンテンツ」が混在する場合、両者が GPL と BY-SA でともに copyleft であるにもかかわらず(ライセンス同士がどう作用するか分からないため) BY-SA コンテンツを忌避する傾向にあるらしい。

This proposal is rooted in the growing (albeit niche) need for a solution to the melding of content and code in certain domains, such as gaming. Developers sometimes abstain from integrating BY-SA content into GPL-licensed software projects because of uncertainty about how the two copyleft licenses interact, and there is reluctance to use BY-SA for code due to CC’s explicit discouragement from doing so. This obstacle to reuse and remix of BY-SA content in projects under a license so similar in substance and spirit is at the heart of the problem the compatibility mechanism in BY-SA was designed to solve. (via “BY-SA compatibility proposal: GPLv3”)

現在 GNU は BY-SA ライセンスを GPL と互換とは認めていない。

これはコピーレフトの自由ライセンスで、芸術や娯楽作品、教育作品に良いでしょう。ソフトウェアや文書にこれを使わないでください。GNU GPLとGNU FDLとは両立しないからです」(「GPLと両立する自由ソフトウェア・ライセンス」より)

BY-SA と GPL の違いは以下が参考になる。

というわけで、 BY-SA 4.0 と GPLv3 との互換性に関する議論が始まっている。気になる人は cc-license の ML でチェックだ。