Oculus RiftやHTC Vive、そしてSony Playstation VRなどを始めとして数々の仮想現実であるVR向けのプロダクトがリリースされていますが、Microsoftの目指すのはミックス・リアリティで、言わばVRとARを混合したようなもの。Microsoft HoloLensはそのためのハードウェアですが、今回MicrosoftよりビジネスツールであるOutlookアプリがリリースされました!

microsoft-hololens-outlook-app

ミックス・リアリティとは?

今業界的にも大人気であるVR(バーチャル・リアリティ)ですが、仮想現実を提供するこのシステムは、ディスプレイが搭載されたちょっと大きめのヘッドセットを装着することで、目の前の空間が全て仮想でレンダリングされ、例えばシューティングゲームや360度のライブ動画やビデオを鑑賞できるというもの。

今回Microsoftの目指すものは、VRとARが混合したミックス・リアリティと呼ばれるもので、実際に見えるリアルな映像に対して、仮想現実のオブジェクトを表示できるというものです。下のビデオをご覧になると、VRとの違いが一目で分かると思います。

既にアプリとして提供されているのは、Skypeでいつでもどこでもビデオチャットが可能になったり、

microsoft-hololens-skype

HoloStudioで3Dモデリング作業を行い、3Dプリンターで素早く出力させたり、

microsoft-hololens-HoloStudio

または息抜きでシューティングゲームをプレイしたりといった感じです。

microsoft-hololens-RoboRaid

受信ボックスやカレンダーを壁に貼り付け!

Microsoftによると、自分のOutlookの受信ボックスやカレンダーを、台所の冷蔵庫やリビングルームの壁に貼り付けることができ、その場所に行って日々のスケジュールを確認したりすることができるとのこと。これにより、実際のリアルな世界上に表示されるデジタルコンテンツとOutlookアプリの並行したインタラクションが可能になる、と述べています。

因みにMicrosoft HoloLensはWindows 10上で動作しており、開発チームとして既にあるWindows 10のOutlookアプリの実装はとても簡単だったとのこと。

microsoft-hololens-outlook-app-calendar

実際にこうしたヘッドセットを装着しながら仕事を行うようなワークスペースはちょっと先のようになりそうですが、業界として仮想現実で一つのプロダクト(ビデオ鑑賞やゲーム等)にフォーカスが当たる中、Microsoftのミックス・リアリティにより、パソコンやテレビといった「物理的な画面」がだんだんとなくなる世界もそう遠くないように思えてきます。

発信元:The Verge

関連お勧めアイテム

Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ

Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ

VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)

VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)

デジモノステーション 2016年 6月号 [雑誌]

デジモノステーション 2016年 6月号 [雑誌]

The post MicrosoftのHoloLens向けアプリにカレンダーやメール機能が追加!仮想現実の中でも仕事が捗る? appeared first on Spotry.me.

Originally published on Wordpress

Like what you read? Give Spotry.me a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.