Stacktical(DSLA)x SmartHab(HAB) — 新しいパートナーシップを発表

フランスのデジタルプラットフォームStacktical「スタックティカル」とSmartHab「スマートハブ」の2社は、ブロックチェーン技術の独占的な使用により、伝統的な住宅から安全なIoT接続環境への移行をサポートするためのパートナーシップを発表します。

フランスーパリ、Stackticalは、サービスレベル契約(SLA)を管理するためのブロックチェーンプラットフォーム、HAB、さらに セキュリティIoTデバイスから重要なデータを保護するためのブロックチェーンプラットフォームはスマートシティとそのIoTシステムのスケーラビリティと信頼性を確保するためのパートナーシップを本日発表しました。

2030年までに、スマートシティやスマートビルディングでは、セキュリティ関連のデータを扱うオブジェクトの80%を含む500億以上の接続オブジェクトが使用されます。

私たちの共通の目標は、ブロックチェーンテクノロジーをベースにした2つのプラットフォームを組み合わせて使用することです。SLAに準拠した運用サービスへの復帰または違反に対する補償により、不完全な改ざんと不変の識別を可能にします。


«接続されたサービスはフェイルプルーフではありません。 未来のつながった都市が約束を守るためには、サービスプロバイダー、技術パートナー、市民の人々との関係を契約化することが不可欠です», StackticalのCEOで共同設立者のウィルヘムプジャール氏「Wilhem Pujar」は述べています。

«ブロックチェーン上でスマートな契約に変えることで、StackticalはSLAの定義、交渉、監視、実行を容易にし、企業にサービスの失敗を自動的に補償しながらユーザーに信頼性保証を提供することができます。 インテリジェントな住宅ソリューションの大手プロバイダーであるSmartHabとHABプラットフォームは、激しい競争を勝ち抜くことが可能なユースケースを持っています。»

Stackticalについて

Stackticalは、予測およびブロックチェーンテクノロジーの力を結集。サービスプロバイダがお約束したサービスレベルへの目標を達成し、運用上の卓越性を報い、サービスの失敗時には、顧客に対し自動的に補うことを支援します。

https://stacktical.com


«接続されたオブジェクトのデータの整合性の信頼は、スマートシティや建物の使用を開発するために不可欠です», SmartHabのCEOで共同設立者のゴデフロイヨルダン氏「Godefroy Jordan」はこう述べています。

«HABプラットフォームに格納されたデータを使用したスマートコントラクトの今後の展開は、仕事、生活および消費者空間におけるセキュリティデバイスのセキュリティ効率を向上させます。 この文脈では、ブロックチェーンエコシステムの中で認められている技術者であるStackticalは、HABの技術開発の主要な資産となります。 »

SmartHabについて

SmartHabは、熟練した新しいアパートのスマートホームソリューションの高度オペレータです。 当社のソリューションは、セキュリティおよびエネルギー管理を含む、必要不可欠なニーズのすべてをカバーしています。居住者の方々には、アプリを使用した快適な生活をお約束いたします。

https://hab.global/