Internal App Sharingでアプリを共有する

Google I/O 2019で発表された Internal app sharing が便利そうだったので実際に試してみました。

事前準備

  • Play Consoleでアプリを公開しておくて(内部テストだけも可能)
  • テスターを設定しておく(後述)
  • Android端末にてPlayStoreアプリで開発者モードになる
    (Playアプリの設定から、 Playストアのバージョン を7回タップする)
  • Playアプリで、設定の 内部アプリの共有 をONにする

テスター設定

  • Play Consoleで対象のアプリを開く
  • 開発ツール -> 内部アプリ共有 を開く
  • テスターの管理 タブでテスターを設定する
テスターの管理

テスター設定時の注意ですが、該当のテスターがPlayStoreで対象アプリをダウンロードできる必要があります。
例えば、内部テストしか公開してないときは、オプトインURLでPlayStoreでもダウンロードできる状態になっていないとInternal App Sharingでもダウンロードできないです。

やり方

  • アプリを対象のパッケージ名でビルドする
  • https://play.google.com/apps/publish/internalappsharing/ にアクセスする
  • ビルドした、APK/AABをアップロードする
  • リンクが生成されるので、Android端末からアクセスする
  • Android端末でダウロードする

これだけ、アプリを共有することができます。

Internal App Sharingのページ

デバッグ実行

Play Consoleの内部テストと何が違うのかというと、Internal App Sharingの場合は、デバッグビルドでもアップロードできる点です。また証明書もデバッグのもので大丈夫ですし、VersionCodeも特に制約なくアップロードできます。。

なので、ダウンロードしたアプリのAndroid Studioからプロセスにアタッチすればブレークポイントを使ってステップ実行が可能になります。

これを使用することで、これまでPlyaConsoleの内部テストでしか確認できなかった Dynamic Feature Module の動作確認が簡単に可能になりますし、更にデバッグ実行も可能になります。

参考