Google Wifiをマンションで使った感想とオススメしない理由

Koichiro, Sumi
May 29, 2018 · 6 min read

Google Wifiがついに日本で発売されました。買う予定はなかったのですが、急にWifiルーターが不調になり新しいWifiを買うことにしました。そこで買ったのがGoogle Wifiです。

USのAmazonでも未だにトップセラーに入っており、評価も非常に高いです。どのレビューを見ても、「Wifiが凄く安定した」といった内容の投稿が見られます。そこで私も購入を決めました。

https://www.amazon.com/dp/B01MAW2294/

3日使った感想を書きます。

個人的所感のサマリ

Pros(良い点)

  • 通信量をアプリケーションで確認できるのが便利
  • 通信が上手くいかない地点でのWifiの切断が早い
  • Wifiを切断する時間を端末ごと・グループごとにスケジュール出来る
  • アプリで設定はかなり便利

Cons(悪い点)

  • 通信速度が遅い。壁を1枚隔てると2.4Ghz帯に切り替わるため、速度が規格値で144MBpsになる。(5Ghz帯であれば866Mbps)
  • 5Ghz帯から2.4Ghz帯への切替時、瞬断することがある
  • 5Ghz帯の使用を強制するなどの細かい設定は出来ない

それでは、以降細かく書いていきます。
まず、比較対象や前提条件を記載していきます。

前提条件

比較対象

  • Aterm WG2600HP2
  • 無線LAN:867Mbps(11ac/5GHz帯)+
    450Mbps(11n/2.4GHz帯)
  • 3階建てまでの戸建て、もしくは4LDKまでのマンションが想定間取り
  • 2013年発売モデル。価格は1万2千円程度。後継機は PA-WG2600HP2 などになると思います。無線LAN:1733Mbps(11ac/5GHz帯)+
    800Mbps※1(11n/2.4GHz帯)に仕様が強化されています。

部屋の間取りや設置場所

3LDKのマンションです。間取り、設置箇所は次のような形です。
オレンジ色の○がGoogle Wifiの設置箇所です。

Google Wifiの適用範囲は85平米以下とのことです。

1台では、マンションや中規模住宅(約 85平米以下)
http://www.standby-media.jp/case-file/173220

このマンションの広さは85平米以下なので、1台のみの設置です。

その他前提条件

  • 回線は1GbpsのNTTフレッツ光
  • Aterm、Google Wifiともに、Wifiアクセスポイント至近で450Mbps程度。有線でも同程度(fast.comにて計測)
  • Wifi接続強度などはMacBook Pro(Late 2016)を使ってWifi Explorerというアプリを使って確認

Atermでは2.4Ghz帯と5Ghz帯をSSIDを分けて、5Ghz帯に対応しているものはすべて5Ghz帯を使用し、非対応機種は2.4Ghz帯を使用していました。
全台、通信が途切れることはなく、全ての箇所で100Mbps以上の速度が出ていました。

Google Wifiを導入してみて

Pros(良い点)

  • 通信量をアプリケーションで確認できるのが便利
  • 通信が上手くいかない地点でのWifiの切断が早い

AtermではWifiの電波は掴んでいるけど、通信が上手くいかない、というスポットがありました。そういうスポットにいくとGoogle Wifiはすぐに切断されました。

  • Wifiを切断する時間を端末ごと・グループごとにスケジュール出来る
  • アプリで設定はわりと便利

最終的な感想

3日使ってみて

  • 以前のアクセスポイントに比べて、ほとんどの場所で2.4Ghz帯域になり10分の1に近いほどの遅さです。そのため非常に不満です。1G回線が当たり前の日本ではイマイチ
  • 2.4Ghzと5Ghzの切替の瞬断も慣れれば気にならないだろうが、5Ghz帯のみに制限出来れば瞬断しないので、非常に気になる
  • Google Wifiの特徴であるメッシュ機能は全く活かせない家面積のため、Google Wifiが良い理由がない

正直なところ、上記のように、感じるメリットよりも不満のほうが大きかったです。

その後どうしたか?

実のところGoogle Wifiはもう手放してしまいました。(まだ製品がホットなうちに)

今はAterm WG2600HP2を使っています。Google Wifiが1万6千円なのに対し、WG2600HP2は1万2千円ほどと多少安価です。
規格値、実効スループットもGoogle Wifiを上回っています。

規格値 無線LAN:1733Mbps(11ac/5GHz帯)+800Mbps(11n/2.4GHz帯)

何より5Ghz帯と2.4Ghz帯のSSIDを分ける事ができます!
一般的なマンション(部屋が二部屋以上)であれば、5Ghz帯のみで事足りますし、2.4Ghz帯は遅いので、5Ghz帯に制限する機能は不可欠だと感じます。

WG2600HP2使用下ではすべての部屋・場所で実効スループットで200Mbps以上で安定した通信が行えています。Google Wifiの規格値よりも早いです。

WG2600HP2では端末ごとのスケジューリング機能もついていて、Google Wifiと同等のことが行なえます。

Google Wifiは誰におすすめか?

  • メッシュ機能が必要となる、一軒家、もしくは広いマンション
  • インターネット回線が100Mbpsの場合(2.4Ghz帯の144Mbpsの規格値でも不満を感じにくい)
  • 簡単に設定したい人

Google Wifiのアプリでの設定は非常に便利でした。Atermシリーズを使ってみると改めてその簡単さを認識しました。なんとなくいい感じにしたい、速度にこだわりがない、そういった方にはGoogle Wifiは非常に良いと思います。

Google Wifiはすでに発売から1年半以上経過しており、最新機種とは言えません。新しい規格類に対応、より高速になったGoogle Wifiの登場が待ち遠しいです。2.4Ghzが規格値800Mbpsになればだいぶ改善されるでしょう。

    Koichiro, Sumi

    Written by

    Founder of Sider. Sider is Automated Code Review Platform on GitHub. 取り留めもなく日々思ったことを綴ります。

    Welcome to a place where words matter. On Medium, smart voices and original ideas take center stage - with no ads in sight. Watch
    Follow all the topics you care about, and we’ll deliver the best stories for you to your homepage and inbox. Explore
    Get unlimited access to the best stories on Medium — and support writers while you’re at it. Just $5/month. Upgrade