Why the metric system matters

なぜメートル法に問題が起きたか

フランス革命とは何をしたものなのでしょう?NASAが約2億円の人口衛星を事故で火星にぶつけたものでしょうか?これは嘘ではなく事実です。

NASAの事故が起こった原因はアメリカの測定方法と国際的な測定方法の違いから発生したものです。ですがそれのどこにフランス革命が関わってくるのでしょうか?今から解説していきます。

昔の人の測定の記録はおもに種の重さと手の長さでおこなわれていました。しかしそれらは、人種や種の種類によって異なるので場所によって違っていました。さらに彼らは全く異なる数字をつかっていました。しだいにローマ数字が主流になり中世期になってそれまで世界中で主流であったローマ数字からアラビア数字にかわりだした。

そんな中でジョンウィルキンソンはそのままにするように訴えたところフランスで使われていた数々のものががそのまま使われることになった。しかし多すぎたせいで1789年に国民に混乱生じた。フランス革命のリーダーはこのときに君主制をなくすだけでなく社会を全く違うふうに変えようとしていました。

アラビア数字にまとめたことで税金を効率よく回収することができるようになりカレンダーも新しいものに変えた。

ナポレオンが皇帝になりもともとの数字も正式な場でのみ使う事がゆるされた。これはすぐに周りの国にもひろまった。しかし8年後ナポレオンがいなくなりいくつかの国は数字をもとにもどしはじめた。数年後ポルトガル、オランダがもとにもどしたのにも関わらずそれを撤回したことでこの方法が世界中に広がるようになった。

フランスのライバルであったイギリスは最初は数字の共通化の賛同に拒否していたが2世紀後になってイギリスの皇帝は変えることにした。

しかしイギリスの決断はおそくアメリカが独立したあとの事だったのでアメリカ人の多くはfeetとpoundを感覚的に使う人も未だにいる。

さらに医療や科学などでは未だに使われている。今はもう正確にはかる事ができようになって事故も起こらなくなったようです。

今私達が普段使っている数字は政治家の革命からできたもので普段考えもしない経歴を持っていた。

今回は単語さえわかれば理解しやすい内容でした。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.