これから何かできるということ。

これまでのものを壊す者は、これから何が作されるのかなんて、気にもとめていない。

作す者が成す。

壊した者はその時はじめて、できたものと壊されたものを比べる。

比べることで本来の土壌を知るのだ。