スイスボーグ2018年10月マンスリーレポート

10月はスイスボーグのロードマップ更新の月となりました。改良された最新のロードアップは、今までの進捗状況等に関する情報に加え、今後3年間の活動プランを掲載しております。また、ロンドンに拠点を構えたエンジニアリング会社との連携により、15名もの経験豊富な金融機関専門エンジニアがチームに加わることになりました。

アジアでは2つ重要なパートナーシップを締結しました。一つは中国メディアのJinse、数百万人もの読者へ向けてスイスボーグの記事が配信されます。もう一つはZilla、スイスボーグCHSBトークンがZillaのウォレット内で管理できるようになりました。日本チームは巨大な中国市場においてスイスボーグのブランドやミッションを宣伝、知名度向上に尽力しています。更に、恒例である東京でのBlockchain Unchainedイベントを開催、250名以上のコミュニティメンバー及びブロックチェーン専門家等が参加しました。

スイスボーグReddit上のオンラインコミュニティーの規模も拡大し続いております。Redditコンペティションシリーズのローンチに伴い、コミュニティーとの連携を強めています。コミュニティーとの連携を一層深めるために、コミュニティー・アンバサダー・プログラム(CAP)を始動いたします。アンバサダーには、スイスボーグチームと共に各地域でコミュニティー成長へ向けて活動を行っていただきます。

法務と管理チームは今月マルタの法律に基づいた4つの会社を登録、スイスボーグの取扱資格の確保に向けて大きく前進いたしました。

技術チームが投資アプリの早期リリースに励んでいる中、共同創業者たちは次世代金融サービスの理念を広げるため、ブロックチェーン界の開拓者の一員としてイベントや大学で登壇し、新たなパートナーシップを締結することに力を尽くしています。

最新のロードマップ

更新されたロードマップにより現在までの進捗状況を理解し、資産管理プラットフォームであるスイスボーグ投資アプリ(スマートウォレット)に関する最新情報や今後のプランを確認することができます。 ブロックチェーン技術、データランニングマシーン、コミュニティーから得る知識、フィンテック専門家及びエンジニアチームの力に基づき、スイスボーグは斬新な資産管理エコシステムを構築しております。 ロードマップには、スイスボーグが開発している金融商品とサービス、及びリリース予定についての詳細が記載されています。詳しくはこちらから!

テクノロジーアップデート:エンジニア共同開発パートナーシップ

スイスボーグスマートウォレット開発に向けて、とても重要なパートナーシップを締結したことを発表しました。仮想通貨業界の発展に向けて、透明性がある確実なビジョンを共有し合える、質の高いエンジニアが広く必要とされています。スイスボーグボードメンバーとエンジニアチームとの長い議論の末、ロンドンベースのトップエンジニアを抱えるコンサルティング企業を、チームごとパートナーとして契約、次世代資産管理プラットフォームを共に構築していくことに合意いたしました。詳しくはこちらから

アジアでのパートナーシップ

Jinse:スイスボーグは中国において、170万人ものデイリーユーザーを誇るブロックチェーン最大手メディア、Jinse.comのコンテンツライターとしてパートナーシップを組むことを正式に発表しました。これに加え、MyTokenの150万人のユーザーに向けても記事配信を開始いたしました。そして、日本/中国リージョナルヘッドKen YagamiとAmber Chookが受けた特別インタビューが中国のブロックチェーン・テレビLianguantianxiaで放送されます。今回のパートナーシップによって、Lianguantianxiaユーザーである150万人の視聴者を含め、膨大な中国市場において500万人近いユーザーへのリーチが可能となります。

Zilla:日本チームはもう一つ重要なパートナー、ZILLAと連携を結びました。ZILLAウォレットは現在利用可能となっているETHとZLAに加え、CHSBを含めた計6つのトークンを通貨として保管できるようになります。ZILLAは、ウォレットとしてトークンを保管できるだけでなく、世界中のブロックチェーンプロジェクト情報がアプリ上で一覧でき、ユーザーは提携プロジェクトであればワンクリックで詳細を確認することができます。日本語、英語、韓国語、中国語と多言語に対応しており、現在全世界で利用が可能となっております。

法務&管理アップデート

法務・ガバナンスチームがマルタの法律事務所と密に働き、スイスボーグのライセンス取得に向けて着実に推進しています。2018年11月1日から仮想金融資産法案(VFA Act)が正式に施行されることに伴い、法務チームを率いるJeremy BaumanとLine Elodieは、正式にVFAライセンスを取得するまでの間、通貨取引を可能とする資格の獲得に向けて尽力しております。締切期日である2018年10月31日までに申請必要書類をすべて揃えるのは、かなりきついスケジュールでしたが、予定通りに進み、仮想通貨取引機能を搭載されたアプリのリリースへ向けてまた大きく一歩近づきました。

スイスボーグは仮想通貨アイランドと言われるマルタにて、投資プラットフォーム運営に付随する必要な4つの分野で、正式に法人を設立しました。マルタの法律の下登記されており、スイスボーグのエコシステムを形成する重要な鍵となります。法律に定まれている、リーガル・コンプライアンス・オフィサーの採用活動をはじめ、スイスボーグ法務チームにまた新たな専門家が加わる日は近くなりそうです。

法務デスクの仮想通貨アナリストとして、新たな規制制度をアナライズしているArdian Balajはマルタで行われるBlockchain Summitに参加しました。コンファレンスには、法務方面での情報を得る事と、AML経験のある若い弁護士の雇用に向けてのネットワーキングを目的に出席しました。更に、保管銀行と交流、コネクション作りと法務上の質問を直接聞ける良い機会でした。

イギリスでは、Electronic Money Institutionライセンス取得申請を行っておりますが、法務部内での優先度は低いと考えております。イギリスでの規制制度はまだ確実ではなく、規制に対する位置づけは年度末まで延長されました。規制が確定するまでデリバティブ取引以外のライセンス取得は義務付けされておらず、必要とされた場合への準備を進めつつ、現在はマルタとスイスでの免許取得に力を注いでいます。

日本では、弁護士達とコンプライアンスのコンサルタントと連携し、仮想通貨取扱資格の取得に向けて着実に前進しています。

日本アップデート

スイスボルグジャパンチームにとっては、10月はBlockchain Unchained東京イベントの月でした。250人以上のコミュニティメンバーと仮想通貨投資家や関係者が集まり、ブロックチェーンと金融に関する見解を共有しました。コミュニケーションヘッドであるAlex Fazelは「金融機関同等レベルの技術と一般普及」という題で、参加者に向けてブロックチェーン技術を説き、一般普及への秘めた可能性についてわかりやすく紹介しました。今回のイベントには、多くのブロックチェーンメディアの方々にも出席していただきました。事業拡大に伴い、2名のトリリンガルメンバーがチームに加わり、多言語コンテンツ運営を強化いたします。共同創業者のAnthony Lesoismier-Geniauxが日本を訪れ、取引所ライセンス取得へ向けての書類準備や話し合いが設けられました。

中国ロードショー

My TokenとJinseとのパートナーシップから、8月に大成功を収めたスイスボーグ上海イベントに続き、今回は中国3大都市である北京、上海と深センでロードショーが開催されました。TrustVerse、HELIXOrange、BLAKFX、Wificoin、Ginco、5つのブロックチェーンプロジェクトと共に、12日間に渡って400人以上の参加者と20を超えたメディアの前でブロックチェーンの未来について議論します。

Crypto Unchained Podcastシリーズ

毎週、オフチェーンとオンチェーンからのイノベーターやビジネスリーダーを招いて、ブロックチェーンについての見解をコミュニティーメンバーと共有いたします。

スイスボーグジャパンCEO&アジアヘッドKen Yagamiが仮想通貨市場及び日本と中国投資家の違いについて語りました。詳しくはこちらから

コミュニティアップデート

※このコンテンツは英語のみでの対応となっております。※

これから10週間連続で行われる、コンペティションシリーズをRedditページでリリースしました。コミュニティーメンバーは優勝者を決める投票に参加することができます。詳細はこちらから

コミュニティー・アンバサダー・プログラム始動

※日本版のリリースは現在調整中です※

スイスボーグのトークン所有者からなるコミュニティとの連携をより深めるために、コミュニティー・アンバサダー・プログラム(CAP)を始めます。スイスボーグのビジョンに賛同し共有できるコミュニティメンバーをアンバサダーに迎え入れ、各地域でコミュニティー強化に勤め、スイスボーグチームとコミュニティー間で活躍していただきます。

ロンドンパブミートアップ

スイスボーグチームとコミュニティーメンバーが、仮想通貨ハブとなりつつあるロンドンにて初めてミートアップを行いました。ロンドンのパブでギネスビールを片手にカジュアルな雰囲気の中、コミュニティーと交流し、様々なブロックチェーンに関連したテーマや、仮想通貨市場の状況について議論を行いました。また、スイスボーグプロジェクトの今後についてもブレインストーミングを行うなど、互いを知り合う絶好な機会となりました。今回の収穫としましては、何よりもTelegramやRedditを通して過去9か月間、日々接してきたコミュニティーメンバーと実際に会う事ができたことです。

共同創業者のAnthony Lesoismier Geniaux、マーケティングヘッドのVince HowardとコミュニティマネジャーのOtilia Gudana、及びコミッティーや、コミュニティーメンバーが、イギリスの各都市からロンドンに渡り、今回のミートアップに参加しました。また、今回はクリプトンデジタルアセットCEOのNeil StauntonとCryptoCurrencySimplified.com共同創業者で数少ない仮想通貨業界においての女性起業家、Erica Stanfordにもご参加いただきました。

共同創業者の動向

スイスボーグCEOのCyrus Fazel、CBDOのChristophe Diserens、及びアナリストのMariem Farhatが、ローザンヌ大学経営経済学部において学生達とブロックチェーンテクノロジーは通貨をどのように変えるのかについて討論を行いました。

アムステルダムとエンジェルアイランドで開催されたキャピタルウィーク

スイスボーグのイベントヘッド、Antoine GuesryとCEO、Cyrus FazelはAngel Island during Capital Weekに出席、登壇するためにアムステルダムに向かいました。人工知能のようなテクノロジーはいかに私達の生活を変えていくか、について議論が繰り広げられました。今回のイベントで最も注目されたのはAdnan Hassan、Susan Oh、Alessandra Slobergerによるパネルディスカッション、”人工知能が人類社会に与えた影響及び人間との共存について”でした。詳しくはこちらから(英語版のみの記事になります)

Anthonyお誕生日おめでとうございます!スイスボーグの共同創業者でCSOのAnthony Lesoismier-Geniauxは今月ロンドンと日本に訪れ、誕生日を日本で過ごしました。テクノロジーパートナシップ、日本におけるライセンスの取得、そしてアジアでの開拓等に協力するため、世界中を飛び回っています。Anthonyの誕生日月でもある、10月はスイスボーグにとってとても特別な1ヶ月でした!

10月の新メンバー

*****************************************************************

質問・問い合わせは、Telegramチャンネルまでお願い致します。

日本語FB: https://www.facebook.com/swissborgjp/

日本語Twitter: https://twitter.com/SwissborgJ

日本語Instagram: https://www.instagram.com/swissborgjp/

日本語YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCBWkJ4PHeeGLJYbfcUTm4BQ

日本語対応email: Japan@swissborg.com