Sign in

2020年4月に、これまで仕事の関係で住んでいたダブリンから日本へ帰国しました。帰国経路はダブリン空港(DUB)発、ロンドンヒースロー空港(LHR)経由・羽田空港(HND)着です。
もともと3月の転職に伴って帰国予定だったのですが、奇しくも近年まれに見る感染症流行期に重なる形となったので、今後のためにも体験を記録しておきます。
利用便は2020/4/26発で DUB-LHRがEI168/BA5968(AerLingus 運行)、LHR-HNDがBA4600/JL44(JAL運行)でした。

*ここに記載した検疫等の対応は日本における新型コロナウイルスに関する水際対策に寄るものとなり、4/26 時点での体験に基づくものとなります。将来的に変更される可能性があるので必ず最新情報をチェックしてください。

  • 年明け頃から4月中旬-下旬の帰国を目指していたものの、退職手続きや転職後のトレーニング等忙しさにかまけて帰国準備はあまり進んでいなかった。そうこうしているうちに欧州各国でロックダウンが始まり、世間の様子を見ているうちに時間が経ち、結局ちゃんとフライトの予約を取ったのは3月下旬ごろ。
    アイルランドで外出自粛が始まった当初はイースター(4/19)頃までは少なくとも自粛、という情報だったので、その後少しでも誰かに会える可能性を考慮して遅めの時期を選択。当時は徐々に各航空会社が運行を取りやめ始めていて、比較的残りそうなところを見極めようともしていた。結果的にはBritish Airawaysも日本の緊急事態宣言のタイミングで直行便は取りやめていたためこの読みは外れたが、自分はたまたまJALとのコードシェア便だったのでキャンセルされずに済んだ。
  • その後、DUB-LHRのフライトを運行するAerLingusが同区間のフライト縮小を発表、これによって当初予約していたDUB-LHR便がキャンセルされた。LHR-HND間は有効だったがBAのオンラインシステムでは変更ができず、頑張ってBA窓口に電話して同日の別便に変更してもらう。平日に何度かけても電話まちのキューにさえ入れてもらえず、土曜の朝に窓口に繋がったときは心底ほっとした。
  • フライトが運行されることをひたすら祈りつつ、前日の4/25に引っ越し作業を済ませ、ダブリン空港近辺のホテルに移動。よく空港までの足として使っていたAircoach(空港バス)は運行停止となっていたためタクシーを呼ぶ。FreeNowという配車サービスを使ったがなぜかクレカ決済が停止されており、現金での決済のみになっていた。
  • フライト前日の宿泊先は Clayton Hotel Dublin Airport。直前に宿泊予定に変更がないかreconfirmされたりチェックイン時にフライト目的や経路情報を求められたりと必要最低限の顧客に絞る前提で営業中だった。レストランは必要最低限で営業していたが、久しぶりにパイントグラスに注がれたビールと運ばれてきた温かい料理が心に染みた。
  • フライト当日。朝食に貴重なアイリッシュ・ブレックファストを楽しませてもらった後、ホテルのシャトルバスで空港へ。バスは貸し切り状態。
  • 空港は案の定、乗客も職員も少ない。自動チェックインも閉まっている。ガラガラの窓口でチェックインして荷物を預ける。AerLingus窓口でのチェックインだったせいか、荷物はHNDまでのスルーチェックインだがチケットはDUB-LHR分だけで、LHR-HND分は到着後に再チェックインが必要である旨を告げられた。
  • アイルランド内はマスクしてる人はそれほど多くなく、自分も未着用で外出したりしていたが、流石に空港では準備していたものを使用。
  • 人が少ないのでセキュリティで焦ることもなく通過。なお、アイルランドは出国手続きはない(これは普段通り)。
  • ダブリン空港内の免税店等はほぼ全て閉まっている。普段は免税店の中を歩いてゲートまで行くところだが、通路がすべて閉まっており短い迂回路を抜けてすぐにゲートへ。
    飲食店は2つのターミナルのうちターミナル1側で開いているところがあったようだが遠かったし用もなかったのでスルー。ターミナル2も自販機などは稼働している。
  • フライトは便数が減って乗客が多少集中したのか座席に対する搭乗率は 4–5 割くらいか。短いフライトかつAerLingusクオリティなので(失礼)機内サービスもないし、空いてるスペースが多いもののいつもと違う感じはしない。
  • ダブリンからは1時間ちょっとでヒースロー空港(LHR)到着。到着後も特段待たされることなく順次降機。空港はダブリン同様ガラガラで、セキュリティも焦らず通れる。現地15時位の到着だったが、空港全体でこの日予定されてた残りの便は25便くらいだろうか。
  • 乗り継ぎ先の羽田便が出発するターミナル2まですぐにたどり着いたものの、トランジットチェックイン用JALカウンターに人がいない。20社分くらいカウンター並んでいるが、人がいたのはルフトハンザだけ。一応様子を聞いてみるとフライトのある会社の担当者は後でくるはずとのことだったのでそのまま待つ。
  • 到着から出発までは4時間くらいあり、とりあえずターミナル内を見て回る。営業しているのは W.H.Smith(コンビニ・書籍・お土産物)とBoots(薬局)のみ。未チェックインだとチケットがないので何も買えない。仕方なく椅子で休みながら待機していると、出発3時間前にはJALの担当者が来てくれて無事チェックインできた。チェックイン時に発熱やCOVID-19関連の症状有無、及び過去14日間の接触歴を確認するフォームへの記入を求められる。
    チェックインを済ませ、売店でポテトチップス、チーズなど軽食、消毒グッズなどを購入。Salt&Vinegar味との別れを惜しむ。
    LOVE HEMPという攻めた名前の飲料も売っていた。

ダブリン アドベントカレンダー、 少し遅れてしまいました23日目の記事です。アイルランドといえばアイリッシュパブ、ということで1年住んでみたダブリンで、改めてアイリッシュパブというものについて書いてみたいと思います。

アイリッシュパブがアイルランドを語る上で、無くてはならない存在である事は間違いありません。
その数をとってみても、日本のコンビニとまでは言いませんが、スーパーマーケットくらいの感覚で、どこの街角にもパブが建っています。大きな街だけでなく地方の小さな町にもほぼ必ずパブがあり、地元の人で賑わっています。

また、数の多さもさることながら注目したいのがパブごとの個性です。例えばダブリンの観光スポットの一つであるテンプルバーのパブにはたくさんのパブが密集していますが、どこも夜になればアイリッシュ音楽の生演奏が聞けてとても賑やか。料理も美味しく、アイルランドの魅力を凝縮したような濃いパブ体験ができるのではないかと思います。 tsbさんの記事でも出てきましたがThe Temple Bar はまさにその代表。その他The Old StorehouseThe Porter House Templebarあたりも、賑やかで楽しめます。

また、観光エリアから少し外れたあたりには都市型のアイリッシュパブとでもいいましょうか。街中で働いてる人たちが、仕事帰りに集うようなパブがあったりします。こういったところはふらっとグループで訪れてくつろいだり騒いだりできるような、居心地の良さがあります。よく行くところとしてはThe BargePortbello なんかのカナル沿いのパブ。夏場、まだ明るい会社帰りに水辺で飲むビールは格別です。

そして、そこからさらに離れた住宅エリアにはまさに地元密着型とでも言えそうな、地域に根付いたパブがあります。地元の人が集まるお店は敷居が高い感じもありますが、個人的にはとても好きなタイプのパブです。


ダブリンアドベントカレンダー18日目、と思って書いたらすでに埋まってたので19日目。先日アイルランドのマイナンバーことPPSNのことを書いたので、そこから少し派生して、若干生々しいですがTaxのことを。

アイルランドの課税年度は日本と同じく 1/1–12/31。年度が終わると翌年2月ごろに前年度の総括となる P60 というドキュメントが発行されます。これが日本で言うところの源泉徴収票にあたるもので、ここから税額の還付申請をしたい場合にはTax Return の申請を行うことになります。Tax Return の締め切りは10月末ですので、日本よりはのんびりしたスケジュール感です。

さて、アイルランドで働き始めて1年ちょっと、初年度の納税関連の手続きが一通り終わったので、税制の観点で日本と比べて面白いなと思った点を書いてみます。

その1. Joint tax assessment

アイルランドでは日本と同様課税は個人ごとの所得に対して行われますが、配偶者やcivil partnerがいる場合には両者の収入額を考慮した税率を適用する仕組みがあります。

Taxation of married people and civil partners

配偶者を考慮した課税の仕組み、というと日本では扶養者控除・配偶者特別控除みたいなものが思い浮かびますが、アイルランドの場合にはもう少し大胆に、課税税率の切り上げポイントが引きあがったり( =低税率の対象となる額が増えたり)、税額控除の金額が増えたりします。

ちなみにこの joint tax assesment 自体の適用は任意なので、場合によっては個別に税額を計算することも可能です。
また、夫婦に限らず Civil partner であれば適用対象になるというのも柔軟さを感じるポイントで、同性同士のカップルでも利用することができます。

その2. Tax Credit

日本の場合基礎控除・給与所得控除など一般的な控除は所得から差し引く形で適用される、「所得控除」の形式のものが多いかと思います。翻ってアイルランドでは所得を元に計算された課税額から直接差し引く「税額控除(Tax Credit)」の形式が取られているものが多いです。

例えば Joint Assesment を適用した場合の Married or Civil Partner’s Tax Credit や在宅で子供の面倒を見ている家族がいる場合に適用されるHome Carer Tax Creditといったものがあります。

Home Carer Tax Credit

どちらが良い、というものでもないでしょうが制度設計の違いとして面白いと感じました。

その3…も書こうと思ったのですがあまり良いポイントが思いつきませんでした。強いて言うならTax refund の項目の多さとかでしょうか。質問票を埋めるのが面倒臭かったことを思い出しました。

総じてアイルランドの税額は日本と比べて安くはないのですが、実際に払う身としてはその中身をちゃんと理解したいなと思う次第です。


ダブリンアドベントカレンダー16日目まできました。今日はPPSNについて書いてみます。

PPSNはPersonal Public Service Numberの略称です。要は公共サービス利用のために個人に紐づけられる番号で、日本で言うところのマイナンバーにあたります。公共サービスの利用のほか、所得税や年金の納付情報などとも紐づくため、アイルランドに居住する場合には取得が必須になります。

例えば、新しくアイルランドで働き始めることを考えてみます。雇い主が決まれば労働許可書は事前に申請できるので、入国については心配いりません。無事入国し、働き始めることができます。
しかし、給与から適切に税額を控除するためには、PPSNとそれに紐づく納税者情報が必要になります。これがないとEmergency taxと言って「とりあえず多めに」税額が控除されてしまいます。もちろん多めに控除された分については申告することで調整は可能ですが、なかなか辛い。

このPPSNはアイルランド国内の居住者であることが前提なので渡航前に取得することはできません。取得の際にはDEASP(厚生労働省)の窓口を事前にWebで予約し、訪問する必要があります。2016年、2017年の状況を見ているとGNIBほど窓口の枠は厳しくないですが、窓口は早めに抑えて入国後できるだけすぐに取得するのがオススメです。

ちなみに申請時にはアイルランド国内の住所が必要ですが、家を借りる時にはPPSNの提出を求められたりします。デッドロックが発生・・・と思いきや、PPSNの申請については一時滞在場所の仮住所で申請後住所変更をするといった対応でも大丈夫なようです。ただし、PPSN番号やPPSNカードが翌週くらいに封書で届くのですぐに移ってしまうところは避けたほうが良さそうです。私のときは書留とかではなく普通郵便だったので、本人じゃなくても受け取れちゃうのではないかと思います。

日本では任意発行のマイナンバーカード。アイルランドではPPSNを取得すると自動で写真入りの Public Service カードが発行されます。裏面にPPSNも入っていますが、今の所日常生活で提示を求められたことはありません。免許の申請の時に窓口で見せたくらいでしょうか。

Public Service カード

カードには英語の他にアイルランド語の表記も記載されています。
電子チップ上に生年月日なども保管されているそうです。


ダブリンアドベントカレンダー14日目。アイルランドの郵便番号の話です。

ダブリンに引っ越してきて驚いたことの一つに、郵便番号制度があります。実はアイルランドには最近まで郵便番号を使った郵便の配達システムがなかったらしく、もともとは住所のみで郵便配達を行っていたようです。それを不便に感じていたのか感じていなかったのかよくわかりませんが、2015年になってEircodeと呼ばれる郵便番号システムが導入されました。このため、現在はこのEirocodeを郵便番号として使っています。

https://www.eircode.ie/

Eircodeは D02 AF30 のように7桁の数字もしくはアルファベットの記号から成り立ちます(このコードは ダブリン市庁公邸 のものです)。
前半3文字がRouting Keyで、郵便物などの分類に使われるようです。後半4文字はランダムに振られており、各戸を識別するための番号になっています。

このEircodeですが、何を考えたのか建物の個別の区画ごとに割りあてる形で番号体系が設計されています。これにより配達先を郵便番号だけで完全に特定することができるので、(過剰スペックな気もしますが)便利といえば便利です。ダブリンは続き長屋のように複数戸がつながった住宅が多いのですが、この区画一つ一つに異なる番号が振られています。

Eircodeの検索サイトより。赤い点の一つ一つに個別の郵便番号が振られている

では実際にどの程度使われているのかというと、実際のところは普及途上という感じでしょうか。荷物や郵便は、正直Eircodeを書かなくても届きます。書類の住所欄にも郵便番号があるものはそんなに多くありません。私自身、自宅のEircodeが覚えられず聞かれるたびに検索サイトで検索しています。

きちんと普及すればそれなりに便利なのでしょうが、今のペースやアイルランド人の気質を見ているとこのままあまり普及しない気もします。不便しないのであれば、それはそれでいいのかもしれません。あるいはドローンによって配達がもっと自動化された将来に活用されるようになるのかもしれません。

ちなみにダブリンの都心部についてはエリアごとに数字が振られていますが、これはまだ英国領だった頃にダブリンだけに独自に導入された郵便番号システムの名残だそうです。
リフィー側を境に北側が奇数・南側が偶数の番号が振られていて、1年も住んでいると番号だけである程度の位置と雰囲気がわかったりします。東京23区の区名みたいなもんですね。Eircodeよりもこちらの方が余程市民に馴染みがあり、土地柄と結びついていたりします。


ダブリンアドベントカレンダー13日目、無事折り返し。今日はDARTについて書いてみる。

DARTはダブリンを走っている鉄道路線のひとつで、近郊区間を運行している数少ない列車である。運行区間の大半が海岸沿いで、車窓からはダブリン湾の風景がよく見える。

DARTの路線図。緑色の線がDARTの区間

ターミナル駅の Connolley駅、リフィー側沿いの Tara Street駅、「ケルズの書」で有名なTrinity College にほど近い Pearse駅を中心に南北に伸びており、沿線には見所も多い。自分はPearse駅から15分ほど南下した Blackrock という駅に住んでいて、毎朝 Grand Canal Dock 駅まで通勤の足として利用している。


ダブリン アドベントカレンダー 8日目。
今週はいろんな人に書いていただき、本当にありがたい限り。さて、今日はDun Laoghaireについて書いてみる。

Dun Laoghaire というのはダブリンの地域の一つで、市内から電車で20–30分ほど南に向かったところにある。カタカナで書くと「ダンレアリー」。アイルランド語で綴られた地名は覚えにくい。

Dun Laoghaireは海沿いにある街だ。ヨットハーバーやフェリーターミナルがあり、長い埠頭の先には灯台が立っている。海岸沿いには大きな教会やホテル、劇場、図書館なども並び、南ダブリンの中心の一つ。駅からさらに南に歩くとアイルランドを代表するノーベル賞作家、ジェームス・ジョイスにゆかりのあるJames Joyce Towerなども立っていて、観光で訪れてみても十分見所のある街である。

埠頭から眺めた Dun Laoghaire

Dun Laoghaire を夏に歩くのはとても気持ちが良い。日曜には Peoples park という大きな公園に Sunday marketが立ち、大勢の人と屋台で賑わう。地元で有名なアイスクリーム屋さんやフードバンのフィッシュアンドチップス屋台も出て、食べ歩きをしても楽しい。


こちらはダブリン アドベントカレンダー 2日目の記事です。
今日はアイルランドのビール事情について書いてみます。

アイルランドのビールと言ったら真っ先に思いつくのはギネスビールじゃないでしょうか。ギネスはアイルランド発のビールブランドで、今でもダブリンの大きな工場で生産されています。街中にもギネスの看板は多く、ほぼすべてのパブでギネスは飲めるんじゃないかと思います。


こちらはダブリン アドベントカレンダー 1日目の記事です。
これからクリスマスまでの間、毎日アドベントカレンダー形式でアイルランドの首都ダブリンでの生活についてご紹介します。
マニアックなテーマなのでほとんど埋まらないかと思いきや、同僚を中心に他にもダブリン在住の日本人の方が記事を書いてくれるようなので、その記事も是非お楽しみに!

初日の今日は軽めの話題から。ダブリンのスーパーマーケット事情についてご紹介してみます。ダブリンの街中には複数のスーパーマーケットチェーンが展開していて、それぞれ異なった特徴があったりします。
主だったチェーンとしては次のようなところがあります。

  • 格安系スーパー「LIDL」
  • 格安系スーパーその2「ALDI」
  • 値段と品質のバランスが良い「Tesco」
  • 地元アイルランド発チェーン「Super Valu」
  • 服や雑貨も扱う総合力「Dunnes Store」
  • 高級スーパー「Marks&Spencer」

格安系スーパー「LIDL」

ドイツ発の格安系スーパーチェーン。肉・魚など生鮮食品はパック品のみですが品揃え・物量が豊富。店内の陳列は納品時の箱がそのままディスプレイに使われてたり、コスト削減を重視した経営を感じます。

うちはあまり近くにLIDLが無いのですが、クリスマスシーズンが近づいて木製おもちゃを安売りしていたのでバスで出かけて買いに行きました。

店内を買い物する子供たちの視点で撮影した動画があったのでご紹介してみます。楽しそう。

格安系スーパーその2「ALDI」

LIDLと同じドイツ系格安路線スーパー。近所に無いのでほとんど行ったことがないですがほぼLIDLと大体同じ認識です。

値段とバランスの品質が良い「Tesco」

UK初のスーパーマーケットチェーン。店舗数も多くダブリンのスーパーでは一番メジャーかも。Tesco Express や Tesco Metro など小規模の業態で街中にも積極的に出店してます。品揃え豊富かつ価格も安くて頼りになるお店。プライベートブランド商品も多くて安いです。肉・魚もパックだけでなく切り売りコーナーがあったりと、幅広いニーズに答える姿勢も伺えます。

我が家の場合隣町のDun Laoghaire(ダン・レアリ)にあるのでちょっとしたお出かけついでに買い物することが多いです。他チェーン対抗で割引クーポンを持込めたり、攻めの経営姿勢が感じられます。

今の時期はクリスマスに向けた料理の予約が始まってますね。という動画をYoutubeから。

地元アイルランド発チェーン「Super Valu」

アイルランド発のスーパーマーケットチェーン、Super Valu。Tescoよりはややお高めですが、その分アイルランド産食材にこだわりがあったり健康食材コーナーが充実していたりと「ちょっと良い」品揃えのお店です。といっても高いだけではなく低価格帯の商品も扱ってます。

個人的には最寄りのスーパーでもあり、よくお世話になるお店です。ポイントで割引クーポンを発行してくれるのですが、適用額が回を増すごとに引き上がるので使い切るのがだんだん大変になってきました。

クリスマスが近づくと店内は鶏やターキーがまるまるパックされて並舞踊になります。料理方法の動画が上がってたので今年は挑戦してみますかね・・・

Dunnes Stores

Dunnes Stores、どちらかというと衣類・雑貨を扱うお店の印象が強いのですが、店舗によってスーパーマーケットも展開しています。
中でもStephen’s Greenの傍にある店舗は好立地で歴史あるショッピングセンターの中にあり、店舗規模も大きく、いわゆる旗艦店な位置づけと思います。デリコーナーがあってイートインできたり、ふらっと立ち寄っても楽しめるお店です。

店内の雰囲気は結構店舗によって違い、Stephen’s Green はおしゃれですがDun Laghaireのお店はスーパーがなく、洋服コーナーも地方の(さびれた)紳士服店感が漂ってたりもします。

Marks & Spencer

アイルランドの成城石井。といえば大体伝わりそうなお店。

UK発の高級志向スーパーで、こだわりの品物を扱っている感じがあります。プライベートブランドのアイテムも多いですがTescoと違い良いものを提供するためのプライベートブランドな感じがあります。パッケージデザインも素敵です。
ダブリンの竹下通り的なGrafton Streetにも店舗がありますので、お土産に良いお菓子などを買いたい時にはオススメです。イートインコーナーもあります。Dunnes Storesからも徒歩数分です。

ということで、ダブリンでよく目にするスーパーマーケットチェーンをご紹介してみました。

スーパーマーケットとひとくちにいっても、それぞれ趣が違っていて比べてみるとなかなか面白いですね。ダブリンにお越しの際は、ぜひ行き比べてみてください。


何度か舞台の仕事でご一緒したことのある那須の渋いギタリスト・津久井さんのご子息がハヤカワSFコンテスト大賞を受賞されたと聞き拝読。

植物を計算機として使用する技術が発達した未来が舞台になっていて、全編を通して描かれる、主人公の調査官が計算資源を利用するシーンが印象的。ウムヴェルトと呼ばれる装置をインターフェースとして、接続された植物の視点で世界が描写される。ある時は東京を囲む森、ある時はビルの壁面の緑地と様々な規模の視点で世界が描写されるのが楽しく、植物の電脳にダイブするような感覚で読むことができた。60〜90分くらいのアニメ映画になったら面白いのではないかと思う。
物語の本筋は東京の計算資源たる環緑地帯での火災事件を巡っての調査。若き天才科学者と組んで事件調査を進めていくといったところはある種定番な筋立てながら、「植物計算機」という道具立てがしっかりしていて読み応えがある。筆者が描くクラウドコンピューティングならぬフォレストコンピューティングの世界は生物を土台とする技術的な難しさやそれを囲む社会的意義も描かれていてとても興味深い。世界観がしっかり構築されているので、同じ世界を舞台に続編を読んでみたいと思った。
分量としても長すぎず、2日程度で読み切ることができて程よい感じ。オススメです。

山籠り中のサポートエンジニア。2016/10–2020/04までアイルランド・ダブリンに住んでいました。アイルランド生活/言語/Techなどについて綴ります。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store