東京Emacs忘年会2018とShibuyaku-elispを開催しました。

前回予告の通り、2018年にはEmacsコミュニティとしては動きがなく内外の皆様に心配賜ったので、イベントを開催いたしました。

どちらも思い付きによる突発での案内でありながら何人も集まっていただき、本当にありがたい限りです。

Shibuyaku-elisp (shibuya.el)

これはEmacsの拡張に関心を持つ各位が集まって、おのおの作業しながら知見を共有する会です。

流れとしては14:30〜18:00くらいの時間まで個々人の作業を行って、終了後は有志で代々木駅方面のファミレスで夕食を食べて適当に解散しました。今後も日曜日にやっていこうとしてます。

会の内容については参加者の@motchangさんが非常によくまとめてくださいました。

東京Emacs忘年会2018

しばらくEmacsユーザーが集まって交流する機会が数年にわたってなかったので、とりあえず飲み会の形で忘年会を企画しました。

突然の招集で日曜の夜にも関らず 都合がついた17人ものEmacsユーザーに集まっていただき、ありがたい限りです。半ば常連である数人のほかにもWeb上では交流があるが面識のなかった型や、初めてEmacsのイベントに来てくださった型、広島から来てくれた新進気鋭の学生Emacs Lispハッカーなど、非常にさまざまな型がいらっしゃいました。

残念ながら今回は都合がつけられなかった型も何人もいらっしゃいましたので、今後も定期的に(飲み会に限らない)交流の場をもっていきたいと思って居ります。

今後のアクション

2019年は毎月か隔月かの頻度で東京近郊のミートアップを開催していきます。

目論見としては二種類あります。

  • 日本国内でEmacsの活用に興味があるユーザーを相互支援すること
  • Emacsの拡張に興味がある開発者の情報共有と、入門者の受け皿になること (Shibuyaku-elisp)

当面はピクシブ株式会社の東京オフィス(渋谷区千駄ヶ谷)を会場としてホスティングしていこうと思いますが、運営が私ひとりに偏らないように持ち回りでやっていけるといいですね。などという話をしはじめてます。

興味のあるひとはEmacs JPのSlack teamに入ってください。

どうぞよろしく何卒。