Talked at DevRelCon London 2018

I am glad to be here again, so actually also last year I was one of speaker in DevRelCon London. It is amazing to attend it as a speaker 2 years in a row!

Anyway, I’d like to talk about how to get a chance of becoming a speaker in overseas conference. It’s not so easy, but not so hard. I guess that any Japanese DevRel guys think it is hard to talk in English. What is “hard”? Please calm down and think it. What is purpose? Getting perfect English like native speaker? No, what we need is just communication tool. I am actually not good at English, but can communicate with overseas developers. It IS so important.

May be you know we need to submit CfP(Call for Paper) to attend as a speaker in almost conference which is held overseas. Why don’t you do it, don’t hesitate it! No need to type perfect English, so please write down your passion with what just you are!

One more thing, it is so important. If you are selected to speaker, and the time has come, please also don’t be shy to talk in English. No problem to get any mistakes, almost English speakers don’t worry about that :) 
Alright? Let’s grab your amazing chance to be up more your stage!

と、いうことで英語で書いてみました。思ったまま、辞書など引かずにつらつらと。
本文で触れているとおり、私の英語はさして完璧ではありません。
でも、意味通じるでしょ?(そんなんじゃ通じないよ、ぜんぜん!という人もいるかもしれませんが 汗)
それでいいんですよ、コミュニケーションを取ることが目的であって、完璧な言語を習得することが目的ではないんですから。
その辺にこだわって、もしくは恥ずかしがって、せっかくのチャンスを逃しているとしたら、その方がとてももったいなくないですか?

敢えて今回英語で書いてみたのは、このようにPerfectな英語でなくとも2年連続で海外カンファレンスでスピーカーとして選ばれ、そこをトリガーとして色々なビジネスチャンスが生まれてくる事を体現している人間がここにいるのを知ってもらい、もっと多くの日本のDeveloperが世界のDevRel市場へ進出してほしいという思いからです。

次回DevRelConはSan Francisco、その次がBeijin、そしてTokyo!ぜひCfPを出してみてはいかがでしょうか。

ではでは!

世界各地からDevRelConへ集まったIBM Developer Advocate

―――――――――――――――――――――――――――――――――
IBM Code Patterns ※英語版
https://developer.ibm.com/code/patterns/

Medium Blog ※デベロッパーアドボケイトによるCode Patternsの日本語解説
https://medium.com/search?q=ibmjpcode

IBM だチャンネルPodcast
https://ibm.biz/BdjthM

IBM Developer Advocate Profile
https://developer.ibm.com/code/community/advocates/#!/advocate/taijih@jp.ibm.com

Cloud Developers Circle
(ベンダー依存しないクラウドデベロッパーのためのコミュニティ)
https://cdevc.connpass.com/

Node-RED ユーザーグループ
https://node-red.connpass.com/

IBM Cloud ユーザーグループ
https://bmxug.connpass.com/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.