二眼レフのささやかな快楽

人物をモノクロフィルムで撮るのが好きだ。

モデルにきちんと向き合い、カメラと撮影者を意識させて撮る肖像写真のスタイル。使うのは1963年製の二眼レフ、Rolleiflex 3,5F。こいつはAntônio Carlos Jobimの名曲「Desafinado」の歌詞にも出てくる縦に2個並んだレンズが特徴的なカメラ。フィルム巻き上げは手動。フォーカスと絞りとシャッター速度は撮影者のお好み次第、無数の組合せの中から自分なりの正解を選ぶ必要がある。つまり撮りたいと思ってからシャッターを切るまでにそれなりの手間と時間が必要だと言うこと。天辺にある6cm四方のピントグラスにはこの世界がフルカラーで美しく凝縮されて映っている。こいつにKodak TRI-Xを入れて撮る。120という規格のフィルムに56×56mmのスクエアな12枚のイメージが撮れる。二眼レフでは構造上フォーカス合わせの際に下を向くので撮影者はモデルにお辞儀するような姿勢になる。きちんと被写体に向き合っても対決する格好にならないのがいい。

二眼レフで写真を撮るうちに、動きのある被写体はもちろん、動きのないもの、植物や生命のない静物にさえもシャッターを切るべき瞬間があるのに気が付いた。被写体が発する波動に自分のがうまくシンクロした瞬間がシャッターチャンス。波の強弱、速度、振幅は被写体によって様々。撮影者の影響で被写体固有の波が複雑に変化することもある。この波は捉え損なっても、またすぐ来ることもあるし、二度と来ないこともある。いくら待っても全く感じないことさえある。被写体の発するものが刻々と変化するだけでなく撮る側も常に動いている。これまでの経験から言えるのは波が大きく強ければ撮りやすいというわけではないってこと。うまく波を捕まえることができればすごく気持ちよく撮れる。でも、これって単に二眼レフのピントグラスに映った美し過ぎる影に幻惑されてその気になっているだけのことかもしれない。