・オープンな空間を創り、学際的な発想を促すこと

・場所にとらわれない、柔軟な働き方を可能にするもの

・働いていて楽しくなるような空間づくり

です。

◇オープンな空間を創り、学際的な発想を促す

昨今のイノーベーションを生み出すプロセスとして、オープンにすることが説かれています。いわゆるオープンイノベーションと言われるものです。

オープンイノベーションとは、企業をはじめとする主体が、新しい製品・サービスの開発過程や、サービスそのものを、企業内部のインテリジェンスやリソースだけでなく、企業外部のそれを活用することで、生み出すことを指します。

■オープンイノベーションの先進企業P&G

■イノベーションの橋渡し、アクセンチュア

■オープンイノベーションの事例

◇場所にとらわれない、柔軟な働き方を可能にする

これはもう最近よく出てくる、ワークスタイルの話で、テクノロジーを活用すれば、リモートワークとかもできるし、もっと柔軟に働くことができるよね?という話です。

IT企業に多いですが、あえて地方にオフィスを作って、新しいワークスタイルの実践に取り組んでいます。

■セールスフォース・ドットコム和歌山県白浜オフィス

■Sansan徳島県神山オフィス

■鎌倉に本社を置く、面白法人カヤック

■リモートオフィスを提案するデザインファーム

これ使って森の中で仕事するのとかいいですね。

ここでは、主にIT企業3つを事例にあげましたが、共通するのは「地方創生」というキーワードです。また別に地方創生についても調査しますが、こうした取り組みはこれからも増えて行くと思われます。

◇楽しく働ける空間づくり

これはけっこう自明なことで、殺風景なオフィスとここで掲載されているようなオフィスのどっちで働きたいかということですね。

ワークスタイルとライフスタイルは表裏一体

シェアオフィス、シェアハウス、小・ワーキングスペースなどの空間シェアの増加やリモートワークやノマドワーカーなどの増加など、これから新しいスタイルを提案する空間づくりやテクノロジーに注目したいですね。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated takafumi’s story.