見方、考え方を変えると問題解決のヒントが見えてくる!

昨日は中小企業家同友会の例会でした。

ものの見方、考え方は人それぞれで、異業種の方の話を聞くと、

普段自分では気づかない、または見落としている点に気づくことができます。

「へぇー」 「ほう!」 「なるほど!」 と昨日は頷いてばかりの例会でした。

人それぞれ、見るポイントが違います。感じ方も違います。

自分たちはダメだと思っていることでも、違う立場や海外の人から見れば、宝の山だったりします。

問題があることを喜べ!問題は解決すれば宝の山!

問題が何かわからないことに危機感を持て!

よくMIP-DMP訓練で言っていることですが、

改めて自分の思考にメンタルブロックをかけていました。

このメンタルブロックを外すには、やっぱり外部の刺激が必要ですね。

人口減少、高齢社会、売利上げが上がらない、利益が取れない、安くないと売れない

人材がいない、社員が育たない、お客様がいない品質の良しあし、サービスの良しあし

などなど、勝手に自分で思い込んでメンタルブロックをかけて思考停止状態に陥ってしまいます。

ちょっとしたヒントで問題解決の糸口は見えてきます。

あとはやるかやらないか!

経営は実践あるのみです。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_m
One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.