トラブルで傷んだ心を癒やしてくれるオフィス屋上

2期目を終えて

本日4/30を持って、弊社(株式会社Rollin’)は創業2期目を終えます。

周囲の先輩経営者の方々から見れば、ようやく「寝返りが打てるようになった」程度だとは思いますが、やっぱり一期目の経験を踏まえて突き進んだ二期目は、より多くの経験をもたらしてくれる、とても貴重なものでした。


創業時から切れ目なくお仕事をご依頼くださる方や、以前に比べてより多くの領域でお任せくださる方も多く、また一緒に仕事をする仲間もたくさん増えました。そして去っていった仲間も。

もちろん新しくお仕事をご依頼いただく方もいらっしゃいますし、その全てが、今まで仕事をさせていただいた方のご紹介というのも本当にありがたいと感じています。

取り扱う金額も大きくなり、それにともなって納期も長く、携わるメンバーの数も増えてきました。

最近スタートした案件は数千万円のプロジェクトの一端を担わせていただくことになったという、創業以来最大の事業規模のもの。
それが良いのかどうかは別として、要件定義だけでTV会議参加者も含めて毎回10名以上が参加し、3時間ほどの打合せを重ねていくといった形で進められます。

色々勉強になることがありすぎて毎回ワクワクしながら参加しているのですが、僕の今までの経験も多いに役立てられることがありそうで、その点でも楽しみです。

この「ワクワク」していられる状況というのは、やはり自分の限界を自分で決めずに全力で挑戦することによって得られたものだと確信します。

あと10日ほどで40歳になろうかという自分の実力が、未だに伸びていることを感じられる日々。こんなに幸せなことは無いと思っています。

そしてこれらすべてが、一期目の経験に上乗せされたものとなっているのを実感せざるを得ないわけです。


二期目を迎えるにあたって書いた前回の記事では

「他にもやり始めたいことがたくさんあって時間とお金を作る必要に迫られています。」

と書きました。

その気持は今でもずっと変わらずにいますが、弊社では事業ドメインの分散化にチャレンジしていて、「今このタイミングでやるべきだ」と判断して取り組んでいます。

この新しい事業は、今までの「広告やWebサイトの受託制作事業」とシナジーを産み、今までお仕事を依頼してくださっているお客様にも確実に還元できるものと確信しています。

加えて、当然のことながら弊社の経営基盤を強化できるものと考えています。

もちろん新しいことを始めるためには「時間」や「お金」といった会社の持つ資産を投資して、それに見合ったリターンを回収しなければいけません。通常業務を終えた後に時間を確保したり、一期目であればすんなり受注させていただいていた案件を渋々お断りして、新事業に向きあって行かざるを得ません。

現在、一時的に売上を落とす覚悟で取り組んでいます。

会社の口座からお金が減っていくの、めっちゃ不安ですけど、やります。

そうして会社のリソースを投入してリスクを取りに行き、多くのリターンを得る。その過程や結果で得た経験を、お客様に還元していく。そしてそれによって産まれた新しい仕事を周囲の仲間とともに取り組む。その結果、自分の周り全体が少しだけ潤う。

この循環を作り出したいという思いが、社名の由来です。実は。

一期目の記事で「周囲のひとたちが潤うような仕事がしたい。」と書きましたが、たったいま、この気持に変化がないのを自分でも確認できました。


そして三期目を迎えます。

遂に、一緒に会社のことを考えてくれる仲間(スタッフ)を見つけることができました。

僕がとても信頼しているひとの紹介だったので、お話があったその時点で採用は決めていましたが、実はそれほど期待していませんでした。

しかし来てもらったら想像以上に素晴らしい人で「やっぱり僕はツイてる」と再確認しました。

会社のことを考えてくれる仲間がいるってホントに心強いですね。

いままで自分一人で事業を営んでいても、周囲に別事業を営む仲間がたくさんいたので、孤独感とかはまったく感じていないつもりでした。

でも、所詮は事業主同士。

一緒に仕事をする仲間とはいえ、基本的にはそれぞれがそれぞれの責任において事業を営み、お互いの状況についてはドライなものです。軽い相談をしたりはしますが、そんなのは基本的に酒の肴にしかなりません。

極端に言ってしまえば「あなたが廃業しても、残念だけど僕は何もできない」なわけです。

でも、会社のことをちゃんと考えてくれる仲間がいることで、色んなことを打ち明けたり、相談したり、たまにちょっと愚痴ったり出来る。

もちろん運良くいい人が見つかったというのは大きいのですが、やっぱり仕事は仲間とやったほうが楽しいということを再確認しました。


昨日は久々に息子と2人で名古屋港水族館に行ってきました。

普段仕事ばかりして、遅くまで仕事したと思ったら一人で飲みに行って帰り、家族に会うのは朝の1時間だけ。独立した時に「週末のうち、どちらかは絶対に仕事します」と宣言し、それを実行させてもらっているので、なかなか旅行などもできません。

そんな僕と2人で行った水族館。

息子は「楽しかったね!」と言ってくれました。ちょっと(というかかなり)体調を崩していたので、全力で向き合うことができなかったのが申し訳なかったのですが、また2人で出かけたいと思います。

そして娘がもう少し大きくなったら2人でデートしたいと思います。

やっぱり僕は会社の成長はもとより、近くの友人や(一方的に友人だと思っている)お客様、そして家族が経済的に潤うようにしたい。

というか、気合と根性と体力以外にさしたる才能も無く、社会にインパクトを与えられるような人間ではないので、それくらいしかできない。

今日も普通に、僕にでも出来ることを頑張ります。


一期目を終えた時のエントリーはこちら
1期目を終えて