Takahiro Ozawa
Takahiro Ozawa

Takahiro Ozawa

救急救命士として10年間消防署で勤務、その後救急救命士の専門学校教員を8年しておりました。その後教育ICTの楽しさ、奥の深さから現場に使える最先端技術を追求。気づけば救命アプリCoaido119の開発メンバーから取締役COOに。昨年12月に立ち上げた非営利型一般社団法人ファストエイド(FastAid)では共同代表理事。