社会学のノウハウを生かしたアンケート製作会社とかどうでしょう?

いま、100人、1000人とアンケートを配って回答していただきそれを分析するというお仕事をしています。賛否両論あると思います。その主なものはちゃんと還元していないんじゃないか、というもの。

だったら最初から還元することを目標にした、調査チームを作ってみたらどうだろう?と思いました。

100人に聞くと、かなりいろいろなことが分かります。隣の人が自分とぜんぜん違うように物事をとらえている、と知ることはとても面白いものです。一般的に言われていることと、アンケートの結果が違うと、ここには何が隠れているんだろうと思います。

後継者に悩む方、シャッター通りの商店街の方、被災地で被災しなかった方々、そうした社会的に困っている方にぜひ聞いてみたいし、この中でハッピーに暮らしている人たち、じゃんじゃん稼いでいる人たち、生活を楽しんでいる人たち、にも聞いてみたい。最近の話題であれば、イスラムの人たちにも今本当に思っていることを聞いてみたい。

そういうものを1人1人聞いていく事と、100人、1000人とアンケートをした結果を組み合わせると、社会の構造が立体的に浮かび上がってくるんです。

だから、実は一番おもしろいのが、結果をフィードバックしてどう思うかを聞くところだとおもうのです。

できることなら、こうした結果を、もっと社会に生かしていけるようになれたら・・・と思います。単純に考えると、アンケートを専門に行うチームを作って、Webサイトを作ったり、顧客満足度調査のご提案とかからなのかな。

そんな妄想をしております。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.