TAKAYA OHTA

パニック障害と診断されてから10年目になる。 当時、昼は大学に通い、帰宅してデザインの勉強、終電でバイトに行って始発で帰る日々を送っていた。今思うと本当にありえない生活だけど、上京してひとり暮らしを始めて2年が経とうとし、デザインという面白そうなものを見つけて毎日が楽しかった。21歳になったばかり、体力的には全然しんどくないつもりだった。 2011年3月。東日本大震災が起きたとき、池袋から渋谷に向かう地下鉄の車内に数十分閉じ込められた。これが1つの大きな引き金になったのだと思う。数日後、地下鉄のホームで電車を待っていると、突然息苦しさと動悸に襲われて動けなくなった。誇張ではなく、このまま死んでしまうのでは?という発作。典型的なパニック障害の症状だ。だけど、それがおさまると (数時間の軽い頭痛以外は) 何事もなかったかのように元気になって、このときの僕は単なる過労のせいだと考えてしまった。 言い知れぬ恐怖感は次第に教室や映画館と場所を選ばなくなり、過呼吸になっている姿を見られたくなくて、トイレの個室に駆け込む頻度が増していった。Web で調べて「パニック障害」なるものがあることを知り、そのまま近所の心療内科に向かった。受診したのは、発作を経験してから3ヶ月近く経った頃だった。

パニック障害と10年間
パニック障害と10年間

僕は制作においてリサーチを重要視している。 なぜならリサーチは「どのような制作手法を採り、どのようなアウトプットに仕上げるのか?」という全体の制作方針を決定づける存在だからだ。 リサーチの精度が甘ければ、コンセプトの精度が甘くなる。コンセプトの精度が甘ければ、最終的なアウトプットの精度も甘くなると考えている。 僕が制作の主領域にしている CI / BI デザインでは、より幅広い層やステークホルダーの支持を巻き込むフェーズにて、企業やブランドのアイデンティティ / クリエーティブも先を見据えたものにしたい。というご相談が多くを占める。 依頼を受けたのち、制作前に対象となるユーザーが日頃どのような生活を送り、どのようなものを好み消費しているのか調査と分析を行う。ここで注意しているのは、東京を中心とした価値観では多くを見誤るということ。 たとえば、僕の故郷である沖縄と東京の同年代の知人では、生活も価値観もまるで違う。日々の買い物を Amazon で済ませる人はまれだし, UberEATS を使うことも, タクシーに乗ることもめったにない。「若者の好みが多様化している」は、極一部に限った話だったりする。Twitter や Instagram は現実空間の写し鏡で、100人のフォロワーのうち7割以上の友人がリプライやふぁぼを付け合っている。僕のタイムラインでは考えられない話だ。

東京はマイノリティ
東京はマイノリティ
TAKAYA OHTA

TAKAYA OHTA

DESIGNER / Art Director : 沖縄県出身, 県立コザ高校, 立教大学経営学部, 今はデザインをする仕事をしています。 趣味は欧文書体の収集です。: http://TAKAYAOHTA.com