比較すること

直感の正しさ

色んな人と会う中で思うようになったのは、

「比較も押し付けも良くない」ということ。

約6年前、サイバーエージェントに僕は入社を決めたわけですが、理由を聞かれて説明を試みても、どうしても嘘っぽくなる。

子会社の社長をやってた時、採用した人の理由を本社の人事に説明したけど、それだけじゃない理由が実はあった気がする。

でも結果、全部間違いじゃなかったって思うわけです。

つまり直感なんだけど、直感だったら後悔しないし、理由をつければつけるほど、後悔する。

「自己分析」って大学生の時にしたけど、「インパクトのある出来事→その時の直感的な感情」に理由をつけていく、という順番。

「直感を証明する作業」こそが自己分析なんだけど、最後までなんで?を続けてると、最後は、「いやそういう人間なんで!」ってなる。

つまり、正しいんだけど、説明できない。

そういうもんで、それこそ価値観なんだと思います。

価値観や成功体験の押し付け

例えば、ログリーの記事とか有名な経営者の記事や本を読んで、それと自分を比較して愕然とする必要なんてないし、

逆に言うと、自分の成功体験を自分の部下に押し付けてはいけない。

それは一つのサクセスストーリーであり、自分自身のサクセスストーリーは、自分自身でしか決められないオリジナルなものであるはず。

自分に綺麗に当てはまるはずなんてない。

だって、生まれ育った生い立ちが違うし、更に言うと親の生い立ちもあるわけだから、価値観や強烈な欲求がビタで合う人なんて居ない。

デカイこと言ってる人が偉い・・・?

デカイことを言ってる人が偉く見えるし、デカイことやってきた人が偉く見えるんだけど、

価値観に大小なんてつけられないから、自分の価値観を信じて、その尺度でどこまでも大きいことを目指し、どこまでも努力するしかない。

自分の価値観は違うから、って言って、本気出してないのはそれはダサい。けど、デカいサイズじゃないからって悲観することはない。

んー、なんかやっぱり文章が下手だな。。。

書き続けるしかないな。

と、いうことで、本日の歌。

(なんとか定例化させたいこのコンテンツ。)

2WIN (T-PABLOW × YZERR) / DO IT LIKE ME feat. EGO

https://www.youtube.com/watch?v=VH3DilJm63U

現在20歳の双子ラッパーであるT-PABLOW(ティーパブロー)とYZERR(ワイザー)のユニットである『2WIN(トゥーウィン)』の歌。

この曲聴いて、今日のブログを書こうと思いました。

だけど、僕のこのブログも、真に受ける必要はない・・・

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.