ドラッグと脳

脳の洗濯という瞑想をすると同じ光景でも鮮やかに見え感性が高まる感覚をよく覚える。青天井をバックに咲く紅梅や海の波の音が以前よりも増して心地よく感じる。無駄なものを脱ぎ去り本質に触れる感覚だ。

小躍りしたくなるほどめちゃくちゃに喜んだりうれしく思ったりといった感情はドラッグに出会うことに似ているのかもしれない。違うのは純粋に内的要因が起こしているということ。

若者はいたって正常な脳機能であるがゆえにドラッグの効果もでかいのだろう。とはいえ脳の健康度は生活習慣や添加物ばかりの食生活で危険な状態の日本。正しい知識と正しい行動が大切である。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.