Appleの今年の失敗

残しておくべきものは残しておくべき

今年はMacBookProとiPhone7/7 PlusとAppleWatch series2が発表されましたね。良くも悪くもいつもよりも盛り上がったであろう今年の発表。いつも何気なく使っている機能のありがたみを知れたいい機会だったと思います。そんな何気なく日頃使ってる機能のなかでAppleに抹殺された者たちはこちら。

・イヤホンジャック

・SDカードスロット

・ファンクションキー

・MagSafe

・ USB

イヤホンジャックって何気に使う

iPhone7が発表されて一番困ったのがイヤホンジャック廃止ですね。本体が対して薄くなっていないのに無理やり無くした感がありました。イヤホンジャックをなくしてほしくない理由は詳しく書いた文章があるのでこちらを参照してください。

SDカードをなめんじゃねえ

MacBookProユーザーの多くはカメラで撮った素材をMacで編集したいわけなのですが、そんな要望を真っ向から無視する製品を今回Appleは出しました。イヤホンジャックは「必要とする機材がまだまだ多いから」という理由で残しているのになぜSDカードスロットは消したのか。よくわかりません。

こっちの方がいいんですけど

ファンクションキーというライトユーザーはあまり使わない場所をキーでなくしてきたApple。でもヘビーユーザーにとっては挑発以外の何者でもないこの件。先日Mediumをサーフィンしてたらこんな記事を発見。

個人的にというか、普通にこっちの方が誰も困らないし、より革新的だし良かったと思うのですが。

MagSafeというsurfaceもまねた技術をなぜ手放すのか

ラップトップMacといえばMagSafe。既存のノートパソコンはソファーの上なんかで使っているとコードが引っかかったりしないかヒヤヒヤするものですが、このMagSafeならそんな心配なし!Macユーザーにとってはちょっとしたお気に入りポイントだったわけですが、まさかの生みの親のほうから葬られるという始末。ひどいものです。こんなんならsurface買いますよ。

なぜPCにこんなものをぶち込んで来るのか

USB-Cというスマートフォンにとって革命的と言える規格ができてから早数年。あのPCに頑なにタッチディスプレイを積まず、キーボードも外れる設計にしてこなかった会社がなんとそんな規格をPCに積んできました。それも新型PCにはその端子だけしかありません。Oh, crazy(使い物になんねえ)!

全ては「シンプル」のためなのか?

Appleの目指してるのは要はこれなわけです。

「スマート」、「シンプル」、「コードレス」。

でも、どうでしょう。

あなたの手元にはお気に入りのイヤホンがあります。でも、iPhone7には刺さらない。「それなら、付属の変換アダプタをかましましょう。」

あなたは一眼レフでとった作品を編集してインターネットにアップしたい。でも、新型MacBookProにはSDカードスロットがない。「それなら、USB-C to SD, USB変換アダプタをかましましょう。」

あなたはUSBメモリに書いたレポートを入れて提出しなければいけません。でも、USB-CしかないMacBookで書き上げたレポートはUSB-Aメモリには入れられません。「それなら、USB-C to USB-A変換アダプタをかましてメモリに保存しましょう。」

iPhoneをMacbookにつないでデータの同期をしたまま、充電しつつイヤホンで音楽を聴きたい!「それなら、iPhoneにはLightning分岐アダプタをかまして、片方にはLightningケーブルを挿し、そのケーブルのUSB-A側にはUSB-C to USB-A変換アダプタをつけ、もう片方にはLightning to イヤホンジャックアダプタをかましてイヤホンをさしましょう。Macbookも充電しなきゃならないので、、、」

さあ、

どこがシンプルなんでしょう。

どこがコードレスなんでしょう。

何がしたいんでしょうか。

僕には理解できません。

残すべきものは残すべき。

そうAppleに叫びたい一年でした。